HOME  > 経営ブログ >  > 昔取った杵柄(その2)

経営ブログ

2019.08.30

昔取った杵柄(その2)

                   監査役 古川正志  

 前回,旭川のフェンシングを見に行った時の練習風景を述べました.このことを昔一緒にフェンシングを行なっていた友人に話すと,私も是非行ってみたいとなり,また,子供達の練習のお手伝いができたらと,再度,出かけました.友人は残念ながらある病気で入院してしまいましたので,結局一人で行く羽目になりました.大学で教鞭をとっていた頃に研究室の片隅においてあったナマズ(フェンシングの道具を入れるギターケースのようなバック)をマンションの押入れから探し出して,担いで行きました.と言ってもナマズには剣が3本ほどしかありませんので,それらにジャージと靴を詰め込んでです.

 緑の田園に囲まれた小さな小学校の体育館へ着くとすでに練習が始まっていました.今回は,人が少なく女性のコーチと3〜5歳くらいの子供が二人,車椅子フェンシングの青年が一人と行った具合です.他に,コーチのお子さんたち周りを走っているような和気あいあいとした雰囲気です.

 コーチから3歳くらいの男の子供のレッスンを頼まれ,久しぶりに拝借したユニフォームを身につけました.眼鏡をつけたままマスクを被ろうとしたのですが,マスクに顔が入らず,仕方なく眼鏡を外してマスクを被りました.視界は,遠くはダメですが近くは輪郭が少しボットするくらいなのでなんとなく大丈夫と思い込むことにしました.

 30年ぶりにフルーレの剣を持ち,サリュー(挨拶)をして初心者向けのレッスンを始めました.練習前は結構やんちゃに見えた子供も,私の会うのが初めての所為か大変素直で驚きました.まだ,初めて少ししか時間が経っていないとコーチが言っていましたが,腕を真っ直ぐに伸ばして相手に剣を向ける練習や,その体勢から相手の胸に左足を蹴って突く動作はなかなか上手でした.何より体が柔らかく動きにバネがあるのに驚かされました.

 ところが2分ほどするとレッスンを取っている私の方が息が上がってきました.子供に少し休もうねと言って1分ほど休みレッスン再開です.また,2分ほど行なって1分休み.10年ほどテニスも止め,運動といえば週1〜2回の3kmほどのジョギングしかしていませんでしたので,そのつけが回った感じでした.10分ほどでレッスンを終え,顔は平常を保ちながら,その実,はぁはぁの体らくでした.

 少し休むとコーチから2週間後に試合なので,子供達とファイティング(擬似的な試合形式の練習)を依頼されました.メタルジャケットを借りて着込み,電気剣にコードを差し込む,久々の感触です.

 3歳くらいの子供と試合のはじめのサリュー(挨拶)をし,開始しました.子供のフットワークが柔らかくバネがあってびっくりしました.2分も続けていると汗が吹き出し,完全に息が上がってきます.なんとか5分ほど続け終えましたが,続けて5歳ほどの子供も依頼され,再度,ファイティングを開始.二人は兄弟だったのですが,お兄さんである上の子はきちんとした構えもでき,フットワークも剣さばきも基本的なものは十二分にこなし,70歳の私にはこの上ない良い相手でした.

 ファイトを終えるとコーチが少し私とやりましょうかといことで2〜3分ほど休みを貰い,再度,ファイティング.8年前ほどにジョギングで痛めた右膝の心配があったので,抑えてなんて思いましたが,つい夢中,1分ほどで右太ももの内側の筋肉にピッツト音がしました.感じではテニスでやった時ほどの音ではなかったので,そのまま継続.足がもつれて2度転倒.でも,30年ぶりに楽しませてもらいました.

 これまでにない経験もしました.それは相手がふっと2度ほど視野から消えてしまったのです.勿論,相手が上手なのですが,こんな経験は生まれて初めてでした.車の運転中だと大変だと別のことを考えました.

 さて,後日談です.練習が終了した時は,太ももの軽い痛みと右腕の手首から肘にかけての筋肉痛を感じるくらいでした.腕の筋肉痛は剣を重く感じたのです.これも初めての経験です.次の日は大変でした.まず,右足の付け根に当たる腰の部分に軽い痛み.両足の付け根がカクカク.両膝の筋肉がピクピク.右のふくらはぎの筋肉痛.両足の太ももの前面がパンパンに張って筋肉痛.つまり,ベットから這い出すのが大変.車に乗り込むのが大変.階段を上るのが大変.これを年寄りの冷や水と言うんだとつくづく感じた次第です.

 一緒に練習した子供達.是非,2週間後の試合では全力を出して下さい.また,時間が取れましたら練習を見に行きます.

 

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集