HOME  > 経営ブログ > 代表取締役社長 長澤 康夫 > ラグビーワールドカップ

経営ブログ

2019.08.01

ラグビーワールドカップ

代表取締役社長 長澤 康夫

今日から8月です。夏真っ盛りというところですがふと気がついたのですが、9月20日から
11月2日まであのラグビーのワールドカップがいよいよやってきます。

 私は釜石の生まれですので自分でラグビーを実践したわけではないのですが、新日鉄釜石の
あの伝説的なラグビー物語というか7連覇の時代を共有させてもらった一人です。
釜石は東北地区の主に工業高校出身者の選手で構成されていたチームでした。ある意味愚直とでも
いうべきラグビーチームだったのですが、そこに明治大学から松尾を始めとするスター選手がわざわざ
釜石へやってきました。それから釜石は1978年から84年まで日本選手権に7連覇したわけです。

 よく調べてみると7勝の内訳は、同志社に4勝、早稲田に2勝、日体大に1勝でした。7連覇最後は
平尾、大八木の同志社に勝利しましたが、彼らが次に神戸製鋼の7連覇を達成する新たな時代の
創設者となったわけです。

 以前は1月15日の成人の日が国立競技場での日本選手権でした。私はサラリーマン10年目の頃でした
から実際に国立のベンチで応援したのを覚えています。大学生がほとんどの中で釜石は大漁旗で
必死に応援していました。おかげ様でそれから釜石生まれですというと、ああラグビーの釜石ですか、
という反応が返ってくるようになって説明が非常に簡単になったのを覚えています。

 1980年ごろのバブル前の伸び盛りの日本社会、そんな中で東北の片隅のラグビーチームが毎年
国立競技場に来ては全日本チャンピオンになるという、爽快なドラマでした。そういう意味で今回のワールト
゙カップは常勝のNZやヨーロッパじゃなくて世界を驚かすような無名の弱小チームがメイクドラマしてくれないかと
密かに期待しながら楽しんでみたいものです。

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集