HOME  > 経営ブログ

経営ブログ

2019.06.10

警戒レベルと避難情報

                                                                                                                        監査役 古川正志

6月7日午前6時19分にけたたましい警報音がスマホからなり,ベッドから叩き起こされました.その2日前から広島で開催されたロボット関係の学会に参加し,この前日は研究仲間や教え子と夜の12時近くまで食事をして,その後ホテルでぐっすり寝ている時です.警報音とともにスマホに送られてきたメールは,以下のようなものです.

「緊急速報 レベル4・避難勧告(中区)土砂災害発生の危険性が高いため広島市中区の一部に避難勧告発令.

対象は舟入,江南学区の土砂災害危険箇所等速やかに全員避難

野外が危険な場合は頑丈な建物の上階や自宅の上階の山と反対側に速やかに移動

(広島市)」

 警報音でとっさに思い出したのは,昨年の9月に函館で開催された別の学会でホテルに宿泊していた時,未明に起こされたやはり警報音でした.この時は,メッセージの内容は地震がすぐに来るというような内容と思います.間も無く警報どおりに震度6.5の地震に襲われ,北海道全域がブラックアウト状態になりました.ホテルは8階に宿泊していましたので,エレベータは動かず,トイレの水は出なくなり,階段を8階まで何度も昇り降りする経験をしました.コンビニは,すぐにお弁当,パン,懐中電灯,ろうそく,等がなくなり,POSのレジが使用できないために店員が購入する品物をいちいち棚に走って大声でレジの店員に伝え,その店員が電卓で精算を計算する状態でした.通信はネットワーク関連が動かず,情報を知る唯一の手段は,野球の結果を知るために持っていた携帯ラジオです.

 今回,警報によってとっさにまた地震かと思い,しかもホテルの部屋は30階でしたので,昨年よりひどい目に遭うと考えざるを得ませんでした.しかし,送られてきたメッセージは上記のようなものでしたので,一安心するとともに「緊急速報 レベル4」とは何を示しているのか思いもつきませんでした.その意味がわかったのは,その日の夕方のニュースによってです.調べてみると「気象庁などが出す大雨や土砂災害の情報と自治体が出す避難情報を危険度に応じて5段階で表示する運用が2019年5月末からスタートした。レベル分けを明確にすることで、災害の危機が迫った際に、早めの準備、早めの避難を促し、命を守ることが狙い(https://www.nippon.com/ja/japan-data/h00466/)」とありました.各レベルの避難情報,気象情報,取るべき行動は以下の表とあります.

 

警戒レベル

避難に関する情報

気象等の情報

とるべき行動

1

早期注意情報

心構え

2

大雨・洪水注意報

避難方法確認

3

避難準備

大雨・洪水警報

高齢者など避難

4

避難指示
避難勧告

土砂災害警戒情報

全員避難

5

災害発生

大雨特別警報

命を守る最善の行動

(出典:上記HP)

 

 これまでは防災訓練でもこのような情報を知らされていませんでしたし,多くの人はこのことを知らなかったのではないでしょうか.それにしても,「天災は忘れた頃にやってくる」を再度知らされた日となりました.

2019.06.03

『あああ足が・・・』

取締役 高橋 俊一

今日からYOSAKOIソーラン祭りが開催されますが、あいにくの小雨模様です。
お天気も回復するようですから、祭りのメインとなる週末は、盛り上がるのでしょうね。
5月後半から真夏日を記録するなどしていますが、まさに札幌のベストシーズン到来といったところです。
 
当然ながらRunするにも絶好の季節です。
ところが何と、先週末は、Run生活史上初めて走れない事態にあいなりました・・・・
足の人差し指付け根付近が痛く、満足に歩くことすらできなくなってしまいました。
もっと言うと靴を履くことが出来ないくらい患部が腫れているのです。本当にトホホ状態です。
 
さすがに普段は、めったに行かない病院に行きました。Run仲間にも定評のある整形外科を訪れました。
マラソンを走る旨伝えたら、疲労骨折の疑いもあるのでレントゲン以外にMRIでの検査も実施しました。
人生初のMRIで、ただじっと寝ているだけでしたが、音がうるさくて気のせいか足先が熱くなるような感覚を
覚え何か不安になりました。ただし結果は、骨には異常なしとの事でしたので・・・・ほっと一安心です。
採血もされて、炎症を示す数値が高いのと、白血球の数が増えているのでバイ菌が入ったかなとの見たてでした。
言わせていただければ、そんなの患部を見ただけで一目瞭然じゃないのと思いながら聞いていましたが・・・・
処方された薬は、抗生物質3日分と痛み止め7日分です。
約一週間以上が経過しましたが、ほんの少しは良くなっているような気がしますが、まだ腫れはひかず満足に歩けないまま
の生活が続いています・・・・
 
病院嫌いの私なので、過度な期待はしていませんでしたが、まあ、整形外科なので骨に異常がなければ、
後は安静にして回復するのを待つだけしかできないのでしょう。逆に言うともう自分で治すしかないとの思いが
強くなりました。今週末は、絶対に走りたいと意を強くしています。
個人的には、なんとなく原因分析しており、合わない革靴を履いて圧迫されてた事とGWの走りで疲労が蓄積していた等が主因と考えています。
まあ、この時期走れないのは辛いのですが、焦ってもしょうがないので、まずは治す事に専念したいと思います。
 
私のRun生活で初めてのアクシデントであり試練です。
まあ、これでまたRunnerとして精神的にも強くなれると信じて乗り越えたいと思います。
復活に乞うご期待!!

2019.05.20

キングダムの世界

取締役 久末 博昭

 漫画キングダムは作者が原秦久で,2006年9月より週刊ヤングジャンプに掲載されている,手塚治虫文化賞のマンガ大賞受賞作品です。単行本発行部数は1~49巻の累計で,すでに3300万部を超える大ベストセラーで,現在57巻が出版されています。 紀元前3世紀の中国の戦国時代末期を舞台にして,後に始皇帝となる秦王政と秦の武人である主人公信の活躍を中心に描かれている時代劇です。漫画の題材としては珍しい分野なのですが,この作品はラジオドラマ,ゲーム,テレビアニメにもなり,最近では実写版映画も封切られて大ヒットしています。今まさにブームにある漫画といえます。 

 以前なにかのラジオ番組で,この漫画が取り上げられ,ビジネスマン必読の書であると力説されているのを偶然聞いて,そんなに面白いのなら試しに一冊くらい読んでみようかと思ったのがきっかけでした。漫画の最初の印象としてあまり良くありませんでした。私好みの絵ではありません。私は繊細なタッチを好むのですが,この漫画は荒々しくて主人公の目も大きくて最初は抵抗がありました。それでもレンタル店で借りてきて3冊ほど読み始めたら,すっかりはまってしまいました。まだ全体(57巻)の三割も読んでいないのですが,一種独特の面白さを感じています。 

 基本ストーリーは,群雄割拠の戦後時代から秦という国へ統一していくまでの戦争による国取物語です。したがって合戦合戦また合戦となり,戦場の場面が圧倒的に多くなり,敵と味方がありとあらゆる戦術を尽くして戦い合うという単純明快さが売りの作品と言えます。ともかく色々な軍事作戦や武器が登場して,そのわくわく感がたまりません。ちょうど講談で軍記物を講釈師が朗々と語っているような感じをうけます。

 一方あまりにも残虐な場面が多く,漫画とはわかっていてもここまで描写しなければならないのかと,疑問に思う場面も多く小学生にはあまり進めたくありません。刺激が強すぎるかもしれません。 

 この漫画では,奇抜で個性的な英雄が次々と登場します。中国の時代劇にはもともと想像を絶するような英雄が表れて話を盛り上げるのですが,キングダムは中国の史実をベースにしていますが,作者が想像力を働かせてとんでもないような英雄を登場させ,読者の心をひきつけます。また当然ながら英雄の名前が全て漢字名なので,漢字の持つ魅力を再認識させてくれます。

  そもそもこの漫画の動機付けとなったビジネス読本として役に立つという観点はどうかといえば,それほど教えられることがあるというわけではありません。それでも物語の展開の中で,リーダーのありかた,戦略の選択,交渉などのビジネスの場でもよくありそう事が戦場の場で再現されて,主人公がその局面を打破して突き破っていく姿はビジネスマンの共感を呼ぶかもしれません。 

 最近はキングダムブームのせいか,レンタル本も貸し出し中が多くなかなか読めないのですが,私としてはあまり深い意味は考えずに,英雄達が相い乱れて策を尽くして陣取合戦に邁進する姿を,気長に読み続けたいものです。

2019.05.07

ボクササイズ

代表取締役社長 長澤 康夫

この連休では恥じらいを捨てて、スポーツジムで「ボクササイズ」なるものをやってみました。

ボクシング選手のようにパンチをフックだとかボディだとかアッパーだとかリズムに乗って行うものですが、実際ボクシンクというもの゙はテレビで観たことがあるというだけなんで、いざやるととても様にはなっていません。でもやりきると汗が出てきて健康にはバッチリという感じです。


 そこで突然令和から平生を飛び越して昭和に戻りますが、私は高校時代はバンカラの柔道部員でした。
体育会の中では最も喧嘩に強い部でしたが、何故かボクシング部との歴史的な対立関係が ありました。ある日柔道部の新人がボクシング部の部室に連れ込まれたという情報が入り 先輩として救出に向かいました。昔、猪木とアリとの対決がありましたが、離れたらボクシング、捕まえたら柔道の勝ちというわけですが、狭い部室ですから柔道部の勝ちで後輩を意気揚々と救出してきたのを思い出しました。

 そんな堂々とした柔道選手が今やリズムにのってボクシングとは、かつての高校の先輩に どやされることに違いありませんが、まあ時代も令和になったわけなんでお許しいただける筈です。余談ですが柔道部が校庭をそろってランニングしていると傍でいつもひ弱なサッカー選手が練習していました。何となく硬派の柔道部からみるとサッカー選手は軟派、今日のサッカースポーツの隆盛など全く予想もせずひたすら軟派をいじめていました。

 今回のボクササイズの後は、テニスのサーブに今までになくスピードが増し、ゴルフのショットには力が加わって実際のところ本当に驚きましたが、あとは今日からのTWのビジネスに強烈なストレートパンチで効果発揮となったら私のGWはエクサレントかもしれません。

2019.04.22

『さらば平成・・・』

取締役 高橋 俊一

早いもので4月も最終週です。週末からは待望(?)のGW突入!!
今年は、10連休となりますから、休める人にとっては、まさに大型の連休となります。
皆さんは、既にGWの予定は、立ててますでしょうか?
私は、断捨離とRunのプチ走り込みで過ごそうと考えています。
なんせ時間があるので、どちらもやりすぎないように注意しながら・・・・というところです。
 
ところで4月末という事は、「平成」最後の週ですよね。
私の平成は、社会人としてスタートしました。平成元年(1989年)に新卒として、前職の日本アイ・ビー・エム株式会社に入社しました。先日のHIT技研さんの新人歓迎会でもお話したのですが、その当時は、大量採用の時代で、同期が1,000人を越えていました。今思うと、景気が良かったのか・・・・人が多かったことしか覚えていません。
その後、バブルが弾けたり、リーマンショックがあったりと景気の浮沈を経験し、途中、コンピューターの2000年問題で大騒ぎしました。
特に、このIT業界では、やはり、Windows、Internet、携帯、スマホがエポックメーキングな出来事だったのではないでしょうか?
入社当時は、こんな便利な世の中になることは予想できませんでした・・・・パソコンが高価で一人一台なんて時代ではなかったのですから・・・
プライベートでは、結婚して家族が増えたりもしました。年齢的にも、人生の中では、まさに壮年期というのでしょうか・・・
そうそう、新たな趣味として、マラソンを始めたのも、この時代でした。
社会人、会社人生、家族や生活面など、いろいろ事があった「平成」が間もなく終わりを告げます。
もちろん特別な未練はありませんが、「令和」も、文字通り良い時代にしていきたいと思います。
 
なんて事を考えながら、断捨離と走り込みで、「令和」のスタートを清々しい気分で迎えたいと思います。
今年のシューズは、オレンジ色です。5/1新しい時代ににおろそうと思っています。
よっしゃ!!  行くぜぇ~!!
 
経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集