HOME  > 経営ブログ

経営ブログ

2019.04.10

俳句の世界

取締役 久末 博昭

 私の好きなテレビのバラエティ番組に「プレバト」があります。特に好きなのは俳句コーナーです。私自身,小説はよく読むのですが,短歌や俳句は全く興味がありませんでした。新聞の日曜版に掲載される俳句の入選作を読んでも,ピンとくるものがありません。プレバトという番組では,芸能人がお題に沿って自作の俳句を披露して,選者の夏井いつき先生から褒められ,けなされながら,ランク付けされます。本人の実力勝負なので,その意外性が面白いところです。 

 夏井先生の評価と解説は,まさに目から鱗が落ちる面白さと明快さがあって,俳句は画像の世界だと改めて認識しました。

 出演する芸能人達も必死に勉強して俳句を作ってくるわけで,その努力や才能には感心してしまいます。名人といわれるランクになると,どの作品もかなり練られた秀逸な句ばかりです。結構長くこの番組を見ているので,出演者達の俳句の傾向もはっきりして,私なりの好みも出来てきます。 

 私が好きな俳句は,お笑い芸人フルーツポンチの村上健司さんの作品です。この人の俳句は平易な言葉で,何気ない日常風景をスパッと切り取って,一つの画像を作り上げ,その背景に流れるストーリーを想像させてくれます。

私の好きな彼の作品を並べてみます。 

テーブルに 君の丸みの マスクかな

若い恋人同士がテーブルを挟んで向かい合う姿が浮かんできます。季節は冬,どんな話をするのでしょう。 

春の月 消しゴムのカス あたたかし

受験生性が深夜まで勉強して,窓から外をみたら月が出ていた。机上の消しゴムカスが努力の証です。そんな感じでしょうか。 

卒業の 駐輪シール 並ぶ朝

学校指定の駐輪シールが張られた自転車の列。もう明日からは来なくなるという卒業式の朝の風景です。 

野球部の 従兄は素振り 盆の月

お盆で集まった親戚のなかで,野球部の従兄がバットの素振りに励んでいる風景。仲の良い家族,親戚,妙に懐かしい感じがします。

 元素記号 ふたつ忘れて 春の風

ようやく受験もおわって,せっかく覚えた元素記号も忘れてしまった。季節は春です。青春の1ページが,のびやかで希望に満ちてみえる句です。

 サイフォンに 潰ぶれる炎 花の雨

静かな喫茶店で,マスターがサイフォン式でコーヒーを入れている風景をぼんやり眺めている。外は冷たい春の雨が降っています。

 たった十七音の言葉を操りながら,ひとつの情景,ひとつの物語を想像させる俳句という世界はすごいものだと思います。

 

 

 

2019.04.01

春、心機一転。

代表取締役社長 長澤 康夫

昨年の肺の手術で私の胸骨は真っ二つに引き裂かれたのですが、今やステンレス製のワイヤーでしっかりと止められ、葬儀後の焼き場でしか観ることが出来ないようになっておりまして、私自身では確認のために拝んだりはすることは出来ない代物となってしまいました。

 そんな環境ながら寒さにも負けずいよいよゴルフの練習を再開しました。始めは恐る恐るとクラブを振っていたのですが、あまりに変な球筋しか出ないので最後は夢中に「こんなはずじゃない」と追いつめられてとても悲しい練習になりました。

 年齢のせいなのか、手術の後遺症か、もともとそんなうまくなかったのか、心は乱れながらもいよいよ新年度が来るし、あの緑のコースが間もなくオープンするし、さあ頑張らなくっちゃと年老いたゴルファーは追いつめられているわけです。

 それでもゴルフは会社経営と違って、昨年までの悪い成績は完壁に忘れて心機一転やり直せるのが素晴らしいですね。唯一スコアーやショットにこだわりが無くなると面白くなくなるのでしょうが、まだ自分の衰えを否定しながらあがき続ける・・・また今年もゴルフ産業界の利益に貢献すること
だけになりそうです。

 先月で72歳になりまして、友人に「パープレイのエイジシュート達成したらどうしようか」とメールしたら「記念品お待ちしています」と冷たい返信がきました。年をとると暖かい友情などは無くなっていくものなんですかね。

2019.03.22

『春の準備・・・』

取締役 高橋 俊一

今年は、雪が少なく春が早いなと思っていたら、春分の日を過ぎたのに、この週末は雪の予報。
気温も低いようです。ともあれ、3月もあと一週間。皆さん体調などくずしませんように、ご留意ください。
希望に満ちた春、4月。新しい年度を元気に迎えましょう。
 
ひな祭りの日に、北海道マラソン2019の申込が開始されました。
例年の事なのですが、フルマラソンは、先着17,000人なのでネット申込の始まる18:00~は、
スマホ片手に、PCからもエントリーの待ち行列に参加することになります。
開始から15分くらいで、無事エントリー完了。そうすると、否が応にも気分が高まってきます。
今年の本格的なRUNシーズンも間近だなあと実感するのです。今年は、道外でも走りたいなぁ。とか、
待望のシーズンに思いをはせるのも、また、楽しみの一つなのです。
ただ、雪解けが早いと感じていたのに、まだ、今期の練習用のシューズを調達していない事に気付きました・・・・
思いをはせるどころか、若干の焦りをおぼえる始末です。
だいたい、いつも同じメーカーのものを使っているので、この週末にネットで注文するだけなのですが、
何か出遅れた気分になって落ち着かないのです。
今年は、オレンジ色のシューズになりそうです。昨年のイエローに続いてPOPな色で楽しみです。
シューズが届いたら届いたで、早く、それを履いて外を走りたいとなるのはわかっているのですが・・・・
気ばかり、焦って、本当に困ったものです・・・・Runnerの性とでもいうのでしょうか・・・・
 
早くも4月にGOLFの予定が入ったり、やはりクラブは一冬眠ったままなのですが・・・
車のタイヤ交換もしなきゃとか、いよいよ春に向かって慌ただしくなってきました。
でも、この何か始まるというか、動きだしたいと感じるのが春の良さのような気がします。
 
新たなシーズンが始まったメジャーリーグで、昨夜イチローの現役引退が発表されました。
イチローファンとしては、残念ですが、今までの数々の功績に拍手を送りたいと思います。
まあ、いろいろありますが、まずは新年度、張り切ってまいりましょう!!
 

2019.03.11

去年読んだ本

取締役 久末 博昭

前回に引き続き今回は,昨年読んだ本について総決算してみます。映画と同じように読書記録も一通りつけていますので,それを参考に集計してみると以下のようになりました。 

コミック ・・・・・・・・・ 18冊

ミステリー・・・・・・・   38冊

文芸(ミステリー以外)・・・・11冊

エッセイ・・・・・・      9冊

ビジネス・・・・・・      8冊

合計             84冊

 平均すると5日に1冊よんだことになりますが,コミックを除くと20日に1冊となり読書量は年々減ってきました。ミステリー小説が好きなのですが,一気に最後まで読み通す気力と体力がなくなってきました。何日もかけて少しづつ読むスタイルしか出来ないために面白さが半減してしまいます。

 コミックでは「谷口ジローの作品」,私は彼のファンで,コレクターとして結構彼の作品を集めています,「空母いぶき」「響」「Blue Gaiant」「深夜食堂」は私にとっては定番作品なので発売されると店頭で買っています。コミックは話の面白さより絵のきれいさを重視するので,好きな作品も偏ってきます。

 コミック以外では,作品名を明らかにすると私の知的レベルがわかってしまうので作家名だけの公開とします。

ミステリーで,安藤能明,若竹七海,知念実希人,麻見和史,鳴海章,倉知淳,坂本司,森博嗣,有栖川有栖の作品を読みました。傾向としては殺人事件を解決する本格的ミステリーや,犯罪に立ち向かうリアルな刑事を描写する警察物より,何気ない日常生活のちょっとした不思議さ,不可解さを鮮やかに理由をつけて解決してしまうコージー派の作品が好みになってきました。あまりハラハラドキドキしたくないという気持ちの表れでしょうか。

 文芸小説やエッセイとしては,佐藤正午,村上春樹,宮下奈都,伊集院静,三浦しおん,高殿まどかなどですが,あまり印象に残っている作品はありません。ビジネス関係は話題の高い少子化問題や空き家問題などを扱った新書を数冊読んだ程度でした。 

去年の読書の傾向として,「読んだ冊数が年々減っている」,「コミック本が多くなった」などがあげられますが,一番の驚きは読んだ本のことをほとんど覚えていないということです。作家も作品名も内容もきれいさっぱり忘れしまうので,ある意味読まなかった事と同じになってしまいます。それでも読書をするのは,なにかを記憶するためではなく,その時本を読んで面白いと思える時間を過ごすためです。そのように,割り切って考えるしかないようです。読書記録だけをつけておけば,こんな時期にこんな本を読んでいたのだという思い出作りぐらいにはなりそうです。

 

2019.03.01

思い出の3月

代表取締役社長 長澤 康夫

 今日から3月、何かと人生の分かれ目に遭遇する月ですよね。とりあえず3月7日には誕生日を迎えなければ
ならず残念というかまた一つ年を重ねなければならない運命の日がもう少しでやってきます。

 17年前に3月31日を持ってIBMを早期定年、4月1日に新会社をスタートさせたわけなんですが、確か3月の31日だったと
思いますが、暇なので友人のベンツマニアのNさんとベンツの中古車を冷やかしに行きました。そのころ私はクラウンに乗ってましたので車を買い替える気持ちは全くなかったのですが、ディーラーの社長さんから試乗を進められたので何気なく乗ってしまいました。

 私が開口一番、「僕にとってこのベンツは大きすぎるんだよね」、そうしたら社長さん曰く「長澤さん、ベンツはこの広い空間を買うんですよ」、成程、「でも左ハンドルはどうも運転しにくいよね」、社長さんすぐに「ハンドルに慣れるのは20分あればOKですから」・・・う~んまあ家内とも相談しなきゃならないしまた来ますね。

 といいながらなんとか立ち去ろうとした瞬間に、「明日からIBMやめて新会社やるんですよ」と思わず言ってしまいました。そうしたら社長の目が急に鬼の形相に変化して「長澤さん、今決めてください、今日までしか車のローンのOKでないので奥さん関係なしですぐ申込用紙にサインしなきゃダメ、起業なんぞしたもんにゃまったく与信なんて着くはずないんだから」あなたはIBM社員でなんぼのもんでこれからスタートするIT会社の社長なんて全く信用なんかつかないのよ・・・

 これが私の無知なる経営者の航海の始まりでした。サラリーマン上がりというか崩れというか、男長澤の苦労の歴史は
このベンツからスタートしました。後にある銀行家の回顧録に「中小零細企業の社長で、ベンツに乗って、ゴルフシングルの奴は
必ず倒産する」とはっきりと書かれてました。まだ倒産してないのは一瞬はシングルでしたがその後下手になったゴルフの
腕前のせいか、またはあれからも自費で新車のプリウスより安い中古ベンツを調達し続けてるからかもしれません。

 私の思い出の3月、無知なるサラリーマンを辞めて、さらに無謀にも経営者にならんとしていた頃の淡い事件です。

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集