HOME  > 経営ブログ > 代表取締役社長 長澤 康夫 > 「いつかはナニナニ」

経営ブログ

2020.04.01

「いつかはナニナニ」

代表取締役社長 長澤 康夫

新年度が始まりました。コロナ騒ぎで何か落ち着かない年度開始ですが、一昨年のブラックアウトも驚きましたが、今回のウイルスは疫学の深さとか恐ろしさとか、普段インフルエンザなんかを軽く考えてるせいなのか、日増しに犠牲が大きくなることにはもう恐怖心しかないというのが率直なところです
今は早く解決に向かうべくひたすらお祈りするしかありません

 さて先日、昭和を振り返る番組を見てましたら、吉永小百合の有名コマーシャル「いつかはクラウン」が出てきました。毎年、どんな新車が発表されて自分の車は次は何にしようか、歳とって落ち着いたらクラウンなんかいいなあ、なんて働いていた日本中の若者に訴えた名セリフだったのではないでしょうか。

 でも今や車はシェアーするとか、無人運転になるとか、あの吉永小百合の雰囲気とダブって言わせた「いつかはクラウン」などという小市民的な希望は消えてしまいました。電車に乗ればスマホを8割の人が見て、ネットの中では名前がバレないとなったら他人への誹謗、中傷お構いなし、現代の「いつかはクラウン」は何なのでしょう。

 今年もまた4名のニューカマーがわが社に入ってくれました。彼らはIT業界のエンジニアになることを夢見ています。そんな彼らに私はいつも助言します。車の世界でいえば運転がうまい優れた名ドライバーは必ずしも名車を作り出せるわけではありません。ITもユーザー側とメイクする側では天と地があります。
ITエンジニアはまず優れたユーザーではありますが、さらにネバーギブアップの開発エンジニアでなければなりません。このあたりが新人として教育期間を乗り切れるポイントのような気がします

 さてそういう彼らの「いつかはナニナニ」は何なんでしょうか?毎年だまってても昇給していったあの幸福な昭和の若者と生き様が違うのは当然ですが、私が広告会社の社員なら「いつかは火星で別荘暮らし、ウイルスの無い快適な日々を」なんていうのはどうでしょうか、女優を誰にするかが不明ですが・・・コロナで自宅生活が多いですから皆さんも「いつかは・・・」お考えになったらいかがですか?
 
経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

月別アーカイブ

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集