HOME  > 経営ブログ > 代表取締役社長 長澤 康夫 > ニアショアベンダー認定のお知らせ

経営ブログ

2018.10.31

ニアショアベンダー認定のお知らせ

代表取締役社長 長澤 康夫

本日、11月1日付で当社が「一般社団法人 日本ニアショア開発推進機構」からニアショアベンダーとして
正式認定されました。これにより今後の首都圏からビジネスが大幅に拡大されることが期待されます。

 1、中国などへのいわゆるオフショアビジネスが限界を迎えて、国内にその活路を見出すニアショアビジネス、
  札幌は格好の市場でありましたが、必ずしも我々の期待通りには推移していませんでした。
  それは主に二つの問題があったからです。

 2、一つは発注方式です。お客様からすると札幌のソフト会社に対する要望はいろいろ試行錯誤しますが
  最後は首都圏に常駐する派遣契約なら発注します。請負で仕事を出すための手間をかけられないので
  とりあえず何名か派遣でお願いします、ということでした。せっかく札幌で仕事をしたいというエンジニアには
  短期ならともかく長期は遠慮したい、といことでニアショアビジネスが不成立となるケースが多々ありました。

 3、二つ目は首都圏のお客様にとって、札幌の我々ソフト会社を正確に評価することはなかなか難しい
  ということでした。最後に発注段階になってもどうしても踏みきれないリスクを感じるのは、発注先はもちろん
  ですが、それは我々受注先にも同じことがいえるわけで、ビジネスとしてスムーズにいかない理由の一つでした。

 4、今回、この2点に関する解決策をニアショア機構が提供しました。まず我々受注先をニアショア機構が認定
  して認定ニアショアベンダーとして公表します。もちろん認定されるためには我々の会社の管理水準などが
  レビューされますし費用もかかりますが、認定が公表されるとそれを首都圏の発注先も見にくるわけですから
  発注側から見ればニアショア機構という第三者の存在が付加されることによってリスクが大幅に削減されるといえます。

 5、さらにテレワーク方式という仕事の仕方、派遣契約ではあるがネットやウエブ会議などを駆使して、受注側は
  札幌で作業できる方式ですが、これはもちろん発注先の了解も得ているわけですから、この仕組みを
  フルに活用して拡大スピードが遅かったいわゆるニアショアビジネスの壁を破っていきたいと考えております。

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集