HOME  > 経営ブログ > 取締役 成田 輝満 > 「テレビが消えた日」

経営ブログ

2022.08.08

「テレビが消えた日」

取締役 成田 輝満

幼い頃から実家のテレビはつけっぱなしの状態でした。それが日常の一部。
1983年のプロ野球日本シリーズ、応援していた西本投手が第7戦で打たれ巨
人の敗戦。その日、何かとこの話題が出るため、初めてテレビを遠ざける。
PCもスマホも無い時代、情報遮断は簡単だった。
 1994年、社会人になりサッカー日本代表のドーハの悲劇も、通勤途中の新
聞(当時は通勤中に新聞を読む人)を避け、勿論、テレビは視界に入れず、なん
とか情報遮断に成功。

 そして現代。紙媒体は縮小する一方で、電子媒体が個人や街中に入り込み、生
活の一部になる。ニュースは映像が富み、事実とは言え、心的負担のある映像を
垂れ流し続ける有り様。
 懐古主義ではないが、無意識、無自覚に入る情報を含め、情報との向き合い方
を考える必要があると思う。

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
成田 輝満取締役成田 輝満
加藤 哲也取締役加藤 哲也
久末 博昭取締役久末 博昭
古川 正志監査役古川 正志

月別アーカイブ

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集