HOME  > 経営ブログ > 取締役 成田 輝満 > 「千三つ(せんみつ)」

経営ブログ

2022.05.30

「千三つ(せんみつ)」

取締役 成田 輝満

千三つ(せんみつ)とはマーケティング用語として使われているようで、新し
い事は1000件のうち3件しか成功しないという確率を示す慣用句として使わ
れるようです。
 最初の発想は良くても、やってみたら上手くいかない事ってよくあります。
市場の変化や、関係者の優先順位の変更など、想定外の課題が発生して、上手く
行かない理由は沢山生まれます。
新しい事ほど課題が多く出るので、"千三つ"とはよく言ったものです。
一方で、諦めるというより、それだげ課題解決が多く発生する言葉として理解す
れば受入易いとも考えます。
 なので、上手く行かない理由で使うのではなく、997件の課題から学ぶ事が、
事の本質と考えています。
 言うのは簡単ですが、胆力と資本が求められるケースもあるので、最初に決め
たゴールを目ざす事は単純な事ではありません。

 失敗や課題を外部要因として思考停止するのではなく、それを乗り越えるため
に考え、試行錯誤していく人には応援したくなりますし、そのようなチーム、組
織でありたいと振り返るには良い言葉です。

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
成田 輝満取締役成田 輝満
加藤 哲也取締役加藤 哲也
久末 博昭取締役久末 博昭
古川 正志監査役古川 正志

月別アーカイブ

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集