HOME  > 経営ブログ

経営ブログ

2019.05.20

キングダムの世界

取締役 久末 博昭

 漫画キングダムは作者が原秦久で,2006年9月より週刊ヤングジャンプに掲載されている,手塚治虫文化賞のマンガ大賞受賞作品です。単行本発行部数は1~49巻の累計で,すでに3300万部を超える大ベストセラーで,現在57巻が出版されています。 紀元前3世紀の中国の戦国時代末期を舞台にして,後に始皇帝となる秦王政と秦の武人である主人公信の活躍を中心に描かれている時代劇です。漫画の題材としては珍しい分野なのですが,この作品はラジオドラマ,ゲーム,テレビアニメにもなり,最近では実写版映画も封切られて大ヒットしています。今まさにブームにある漫画といえます。 

 以前なにかのラジオ番組で,この漫画が取り上げられ,ビジネスマン必読の書であると力説されているのを偶然聞いて,そんなに面白いのなら試しに一冊くらい読んでみようかと思ったのがきっかけでした。漫画の最初の印象としてあまり良くありませんでした。私好みの絵ではありません。私は繊細なタッチを好むのですが,この漫画は荒々しくて主人公の目も大きくて最初は抵抗がありました。それでもレンタル店で借りてきて3冊ほど読み始めたら,すっかりはまってしまいました。まだ全体(57巻)の三割も読んでいないのですが,一種独特の面白さを感じています。 

 基本ストーリーは,群雄割拠の戦後時代から秦という国へ統一していくまでの戦争による国取物語です。したがって合戦合戦また合戦となり,戦場の場面が圧倒的に多くなり,敵と味方がありとあらゆる戦術を尽くして戦い合うという単純明快さが売りの作品と言えます。ともかく色々な軍事作戦や武器が登場して,そのわくわく感がたまりません。ちょうど講談で軍記物を講釈師が朗々と語っているような感じをうけます。

 一方あまりにも残虐な場面が多く,漫画とはわかっていてもここまで描写しなければならないのかと,疑問に思う場面も多く小学生にはあまり進めたくありません。刺激が強すぎるかもしれません。 

 この漫画では,奇抜で個性的な英雄が次々と登場します。中国の時代劇にはもともと想像を絶するような英雄が表れて話を盛り上げるのですが,キングダムは中国の史実をベースにしていますが,作者が想像力を働かせてとんでもないような英雄を登場させ,読者の心をひきつけます。また当然ながら英雄の名前が全て漢字名なので,漢字の持つ魅力を再認識させてくれます。

  そもそもこの漫画の動機付けとなったビジネス読本として役に立つという観点はどうかといえば,それほど教えられることがあるというわけではありません。それでも物語の展開の中で,リーダーのありかた,戦略の選択,交渉などのビジネスの場でもよくありそう事が戦場の場で再現されて,主人公がその局面を打破して突き破っていく姿はビジネスマンの共感を呼ぶかもしれません。 

 最近はキングダムブームのせいか,レンタル本も貸し出し中が多くなかなか読めないのですが,私としてはあまり深い意味は考えずに,英雄達が相い乱れて策を尽くして陣取合戦に邁進する姿を,気長に読み続けたいものです。

2019.05.07

ボクササイズ

代表取締役社長 長澤 康夫

この連休では恥じらいを捨てて、スポーツジムで「ボクササイズ」なるものをやってみました。

ボクシング選手のようにパンチをフックだとかボディだとかアッパーだとかリズムに乗って行うものですが、実際ボクシンクというもの゙はテレビで観たことがあるというだけなんで、いざやるととても様にはなっていません。でもやりきると汗が出てきて健康にはバッチリという感じです。


 そこで突然令和から平生を飛び越して昭和に戻りますが、私は高校時代はバンカラの柔道部員でした。
体育会の中では最も喧嘩に強い部でしたが、何故かボクシング部との歴史的な対立関係が ありました。ある日柔道部の新人がボクシング部の部室に連れ込まれたという情報が入り 先輩として救出に向かいました。昔、猪木とアリとの対決がありましたが、離れたらボクシング、捕まえたら柔道の勝ちというわけですが、狭い部室ですから柔道部の勝ちで後輩を意気揚々と救出してきたのを思い出しました。

 そんな堂々とした柔道選手が今やリズムにのってボクシングとは、かつての高校の先輩に どやされることに違いありませんが、まあ時代も令和になったわけなんでお許しいただける筈です。余談ですが柔道部が校庭をそろってランニングしていると傍でいつもひ弱なサッカー選手が練習していました。何となく硬派の柔道部からみるとサッカー選手は軟派、今日のサッカースポーツの隆盛など全く予想もせずひたすら軟派をいじめていました。

 今回のボクササイズの後は、テニスのサーブに今までになくスピードが増し、ゴルフのショットには力が加わって実際のところ本当に驚きましたが、あとは今日からのTWのビジネスに強烈なストレートパンチで効果発揮となったら私のGWはエクサレントかもしれません。

2019.04.22

『さらば平成・・・』

取締役 高橋 俊一

早いもので4月も最終週です。週末からは待望(?)のGW突入!!
今年は、10連休となりますから、休める人にとっては、まさに大型の連休となります。
皆さんは、既にGWの予定は、立ててますでしょうか?
私は、断捨離とRunのプチ走り込みで過ごそうと考えています。
なんせ時間があるので、どちらもやりすぎないように注意しながら・・・・というところです。
 
ところで4月末という事は、「平成」最後の週ですよね。
私の平成は、社会人としてスタートしました。平成元年(1989年)に新卒として、前職の日本アイ・ビー・エム株式会社に入社しました。先日のHIT技研さんの新人歓迎会でもお話したのですが、その当時は、大量採用の時代で、同期が1,000人を越えていました。今思うと、景気が良かったのか・・・・人が多かったことしか覚えていません。
その後、バブルが弾けたり、リーマンショックがあったりと景気の浮沈を経験し、途中、コンピューターの2000年問題で大騒ぎしました。
特に、このIT業界では、やはり、Windows、Internet、携帯、スマホがエポックメーキングな出来事だったのではないでしょうか?
入社当時は、こんな便利な世の中になることは予想できませんでした・・・・パソコンが高価で一人一台なんて時代ではなかったのですから・・・
プライベートでは、結婚して家族が増えたりもしました。年齢的にも、人生の中では、まさに壮年期というのでしょうか・・・
そうそう、新たな趣味として、マラソンを始めたのも、この時代でした。
社会人、会社人生、家族や生活面など、いろいろ事があった「平成」が間もなく終わりを告げます。
もちろん特別な未練はありませんが、「令和」も、文字通り良い時代にしていきたいと思います。
 
なんて事を考えながら、断捨離と走り込みで、「令和」のスタートを清々しい気分で迎えたいと思います。
今年のシューズは、オレンジ色です。5/1新しい時代ににおろそうと思っています。
よっしゃ!!  行くぜぇ~!!
 

2019.04.10

俳句の世界

取締役 久末 博昭

 私の好きなテレビのバラエティ番組に「プレバト」があります。特に好きなのは俳句コーナーです。私自身,小説はよく読むのですが,短歌や俳句は全く興味がありませんでした。新聞の日曜版に掲載される俳句の入選作を読んでも,ピンとくるものがありません。プレバトという番組では,芸能人がお題に沿って自作の俳句を披露して,選者の夏井いつき先生から褒められ,けなされながら,ランク付けされます。本人の実力勝負なので,その意外性が面白いところです。 

 夏井先生の評価と解説は,まさに目から鱗が落ちる面白さと明快さがあって,俳句は画像の世界だと改めて認識しました。

 出演する芸能人達も必死に勉強して俳句を作ってくるわけで,その努力や才能には感心してしまいます。名人といわれるランクになると,どの作品もかなり練られた秀逸な句ばかりです。結構長くこの番組を見ているので,出演者達の俳句の傾向もはっきりして,私なりの好みも出来てきます。 

 私が好きな俳句は,お笑い芸人フルーツポンチの村上健司さんの作品です。この人の俳句は平易な言葉で,何気ない日常風景をスパッと切り取って,一つの画像を作り上げ,その背景に流れるストーリーを想像させてくれます。

私の好きな彼の作品を並べてみます。 

テーブルに 君の丸みの マスクかな

若い恋人同士がテーブルを挟んで向かい合う姿が浮かんできます。季節は冬,どんな話をするのでしょう。 

春の月 消しゴムのカス あたたかし

受験生性が深夜まで勉強して,窓から外をみたら月が出ていた。机上の消しゴムカスが努力の証です。そんな感じでしょうか。 

卒業の 駐輪シール 並ぶ朝

学校指定の駐輪シールが張られた自転車の列。もう明日からは来なくなるという卒業式の朝の風景です。 

野球部の 従兄は素振り 盆の月

お盆で集まった親戚のなかで,野球部の従兄がバットの素振りに励んでいる風景。仲の良い家族,親戚,妙に懐かしい感じがします。

 元素記号 ふたつ忘れて 春の風

ようやく受験もおわって,せっかく覚えた元素記号も忘れてしまった。季節は春です。青春の1ページが,のびやかで希望に満ちてみえる句です。

 サイフォンに 潰ぶれる炎 花の雨

静かな喫茶店で,マスターがサイフォン式でコーヒーを入れている風景をぼんやり眺めている。外は冷たい春の雨が降っています。

 たった十七音の言葉を操りながら,ひとつの情景,ひとつの物語を想像させる俳句という世界はすごいものだと思います。

 

 

 

2019.04.01

春、心機一転。

代表取締役社長 長澤 康夫

昨年の肺の手術で私の胸骨は真っ二つに引き裂かれたのですが、今やステンレス製のワイヤーでしっかりと止められ、葬儀後の焼き場でしか観ることが出来ないようになっておりまして、私自身では確認のために拝んだりはすることは出来ない代物となってしまいました。

 そんな環境ながら寒さにも負けずいよいよゴルフの練習を再開しました。始めは恐る恐るとクラブを振っていたのですが、あまりに変な球筋しか出ないので最後は夢中に「こんなはずじゃない」と追いつめられてとても悲しい練習になりました。

 年齢のせいなのか、手術の後遺症か、もともとそんなうまくなかったのか、心は乱れながらもいよいよ新年度が来るし、あの緑のコースが間もなくオープンするし、さあ頑張らなくっちゃと年老いたゴルファーは追いつめられているわけです。

 それでもゴルフは会社経営と違って、昨年までの悪い成績は完壁に忘れて心機一転やり直せるのが素晴らしいですね。唯一スコアーやショットにこだわりが無くなると面白くなくなるのでしょうが、まだ自分の衰えを否定しながらあがき続ける・・・また今年もゴルフ産業界の利益に貢献すること
だけになりそうです。

 先月で72歳になりまして、友人に「パープレイのエイジシュート達成したらどうしようか」とメールしたら「記念品お待ちしています」と冷たい返信がきました。年をとると暖かい友情などは無くなっていくものなんですかね。

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集