HOME  > 経営ブログ > 代表取締役社長 長澤 康夫 > ご愛嬌さま

経営ブログ

2017.09.04

ご愛嬌さま

代表取締役社長 長澤 康夫

    今週は年に一回の会社の健康診断があります。私へのお医者さんからのコメントは毎回決まって減量の
 お勧めです。とにかく毎日アルコールを飲んでは過食そして睡眠不足などなど生活習慣病とやらの典型を
 まだこんな歳になっても続けてるのですから当然といえば当然な話です。

  定期健診とは普段のあるがままの姿を見せることが正しいこととは十分理解していますが、人様の前では
 多少ええ格好しいの癖が抜けきれず、一か月前から節酒、摂食、早寝などの努力をしてきました。
 先週始めあたりは順調に減量も実現出来てたのですが、先週末に東京からお客様が来札されてついつい盛り上がって
 しまいジンギスカンに夜中のラーメンコース、一夜にして私は立派な体に復元されてしまいました。

  この事象は将来、ケアマネージャーが私の介護認定に来たら、なんでも出来そうな全く問題ないようなことを答えては周りから
 怒られる爺さんのパターンかもしれません。介護が必要がないなんて判定されてるのに家内の前ではよれよれになって
 毎日怒られてるかも知れませんね。

  でもちょっとだけ、背伸びして、若いつもりでいて、老いを認めない、そんな往生際の悪い人生もなかなかいいかもしれない
 と考えますがいかがでしょうか。まあ生命維持装置をつけて延命するかどうかという深刻な議論ではないわけですから、
 ちょっとした気持ちの持ちようで健康寿命を延ばせるなら、まあ往生際の悪さなどは武士道の精神には反しますが、
 この年頃、団塊世代の男たちのいわばご愛嬌様でお医者様にも許してもらえると思うわけなんですが・・・。

  お医者様からの助言・・・長澤さんの22歳のころの体重にしなさい・・・イッツ アンビリーバブル!

  私からの回答・・・長澤の22歳のころはあまりにもカッコよくてもう復元できません・・・バカヤロー!