HOME  > 経営ブログ

経営ブログ

2017.07.24

自動運転の未来

執行役員 林 立晴

先日、総務省、トヨタ自動車、NTTドコモが開催する勉強会に参加しました。

今日本政府は「Intelligent Transport System」というものを重要課題として推進しているようです。 話題の内閣府の下に総務省(情報通信)、経済産業省(自動車産業振興)、国土交通省(道路整備、安全基準)、警察庁(交通安全)が連携して国内の自動車メーカー、機械メーカーと共同して研究開発が進められています。 

確かに自動運転等によって、生活や社会が変わり、便利な世の中になるようです。防災にも役立つことが期待されています。自動運転を支える重要な要素として「ダイナミック・マップ」と呼ばれる4層の地図データがあることを知りました。

  1. 静的情報(路面や車線情報)

  2. 准静的情報(交通規制、道路工事、気象情報)

  3. 准動的情報(事故情報、渋滞情報、狭域気象)

  4. 動的情報(周辺車両、歩行者、信号情報)

    これらの自動走行に不可欠な地図情報が車両に搭載されているセンサーと連携して自分の正確な位置推定を行い、ダイナミックな自動走行が可能となるようです。

     

    これらの技術進歩は素晴らしいものだと感心しましたが、いくつかの不安材料もあります。

    まずは、このダイナミック・マップの国際標準化はどうなっているのかです。米国や欧州も自動運転技術の開発が進んでいるようですが、この基礎となる地図情報の規格が統一されているのでしょうか。規格が異なると、各種センサーや通信技術にも影響が出てきそうです。輸出、輸入が当たり前の自動車産業においてベース技術の規格化が望まれます。

    もうひとつは、車とネットワークが繋がり、そこにビックデータが流れてきます。この場合、データの信憑性確保は大丈夫か、あるいは遠隔操作される恐れはないか、または事故が発生した際の責任は人間個人にあるのか、それとも開発側の責任は問われるのか、等々。

    各種法整備も必要となるでしょう。 

    2025年には,高速道路での完全自動運転が目標とされているようです。あと8年先です。

    あっという間にその段階がやってきます。このような技術開発こそアメリカ・ファーストなんて言わずに国際協調してほしいと思いました。

     

2017.07.18

ザ・ラストシップ

監査役 久末 博昭

今回お勧めする海外TVドラマは,いわゆる戦争映画のアクションとウィルス感染パンデミックのパニックが混在したドラマです。米国で2014年に放映され,シリーズ3(全36話)で2016年に終了した比較的新しい作品です。舞台はアメリカ海軍の駆逐艦「ネイサン・ジェームス」で,主人公は艦長であるトム・チャンドラー中佐です。私はようやくシーズン2まで見終わりました。シーズン3はまだDVD化されていません。

 
 駆逐艦が極秘任務のため無線封鎖状態で北極海に4ヶ月間いた間に,世界中で致死率100%の新型ウィルスが蔓延して何億人もの人々が亡くなり,都市は廃墟となり無政府状態となってしましました。この人類最大の危機に際して,世界中で唯一ウィルスに感染していない駆逐艦の乗員200名と一人の医学博士が,艦長のリーダーシップのもと,数々の困難をのりこえてワクチンをつくり,感染している病人を救い,人類再生の道をみいだすというのがメインストーリーです。
 
 このドラマの魅力の一つは,駆逐艦の圧倒的な存在感です。アメリカ海軍全面協力のもと実際の駆逐艦「ハルザー」などが撮影に使用されているそうです。艦内の様子はリアルで,見続けていると自分が艦内を歩きまわっているような気がしてきます。また武器や電子装備も最新鋭で,最近の駆逐艦はここまでやるのかという驚きが一杯です。砲撃もピンポイントで,沖合から上陸して戦闘している隊員たちの援護射撃をしますが,きっと現実でも最新鋭の武器なら可能なのでしょう。
 
 艦長のリーダーシップも見どころの一つです。アメリカ海軍という軍隊で部下の命を預かるリーダーの立ちふるまいに製作者は理想のリーダー像を重ねています。いくつかの試練のなかで妻をなくし,部下を戦闘で失いながら,医学博士に協力してワクチンの製造と配布に命をかける姿は,昔からアメリカ市民が好むヒーローそのものです。こういうドラマは結末がハーピーエンドになるはずなので安心して見ていられます。
 
 軍艦といえば,わたしも子供の頃,市民見学コースで海上自衛隊の護衛艦にのって,室蘭港の周辺を回った事がありますが,すごい揺れでたちまち船酔いを起こしてしまい,早くおろしてくれと願っていた思い出があります。
 
 規律が全てを支配する米国海軍という環境で,毎日海を眺めてという軍艦での暮らしとはどんなものか,ちょっと興味をわかせてくれるドラマです。
 

2017.07.10

悪あがきならぬ、老いあがき。

代表取締役社長 長澤 康夫

7月にもなるとさすがに薄着になって自分の体型の問題点が露わになります。
ライザップとまではいきませんが、この際運動をして腹囲を少しでも細くしようなどと
考えておられる方はこの世にたくさんいらっしゃると思います。

 そこで70歳になってもまだ毎朝通勤している私が実施している最近の方法は、階段利用
です。大通り駅に地下鉄が到着、まずは階段で地下歩へ、地下歩から地上も階段、
さらに会社があるビルの8階までも徒歩、会社に着くと疲れ切った私の姿をみて女子
社員が思わず「社長、大丈夫ですか?」・・・これがいわば朝のおはようの挨拶言葉です。

 東京での生活はまず人の多さに驚くのですが、一方ではこの階段歩きの多さも特徴の一つだったと
思います。それに比べて札幌の地下鉄は人間が直接触れ合うことなども少なく、エスカレーターにもゆったり
乗れますし、わざわざ階段を歩く気がしません。従ってよほど意思が強くないと階段利用
は避けてしまいがちです。もちろん若者は一気に2段づつ駆け足のように階段を上って
いきますが、団塊世代はみなゆったりと機械でわが身は運ばれる運命です。

 特に8階への階段登りは結構しんどいものです。あまり無理すると人に介護してもらう羽目に
なりそうなんで注意が必要なんですが、体調チェックしながらこれからも歩き続けようと
思ってます。もういい歳なんだから往生際よく、なんていう人も結構多いのですが、
ここは悪あがきというかまあ・・老いあがきとでもいうか・・・お金のかからない階段歩きの
術ですっきりとしたあの22歳のころの自分に帰るというのはいかがでしょうか。

2017.07.03

『ベールを脱ぐ?』

取締役 高橋 俊一

早いもので、今週から7月です。
雨の日が多かった6月から一転、暑い日が続いてますね。
北海道の短い夏の始まりです。存分に季節を楽しみましょう!!
 
5月の連休明けくらいから、私の住むマンションの外装工事が始まりました。
今月の中旬くらいには終わるようなので、あと少しの辛抱なのですが・・・・
足場を組んでネットで建物全体を覆うようにして、作業をしておりますから、工事のない日しか
窓も明けれず、しかも室内が暗い感じになります。おまけに先月は特に週末の天気が悪く、
外RUNもままならず、本当に憂鬱な週末を過ごしてました。
 
でも、よくよく考えてみると、良い事もありまして・・・・
以前このBlogでも書きましたが、毎年、この時期は、RUNの途中でカラスに襲われて怖い思いをしています。
ところがどっこい、今年はカラスに遭遇しません。
マンション全体がいつもと違う外観に覆われ、工事の人や車両の出入りが増えているので、
カラスも異変を感じて、どこかに行ってしまったのだと分析しています。めでたしめでたし。
それと、週末に雨の日が多かったので、外を走れない時には、厚別競技場のトレーニング室に通って室内で
インターバル走を実施しました。冬場のGymでも継続していたトレーニングなのですが、ロードワークだけでなく
この時期にも、実施できたので練習の質があがったような気がしています。
何事も、前向きに考えてみたら悪い事ばかりではないのですねぇ~
 
などと言っている間に、北海道マラソン2017まで2ケ月を切りました。
いよいよ夏、本番です。もっともっと前向きに仕事もRUNもペースを上げていきたいと思います。
外装工事のネットが外れる頃には、私の才能(?)もベールを脱いで開花するはず・・・・乞うご期待!!

2017.06.26

個人の尊厳

執行役員 林 立晴

先日、元文科省事務次官であった前川さんの記者クラブでの会見が放送されました。

その会見の後半で、前川さんの信条についてということで「個人の尊厳」と「国民主権」

の2つを挙げられました。

正確な表現は忘れてしまいましたが、個人として自分の考えを持ち、性別や信条、社会的な地位に係らず自由に意見を述べて、より良い社会を作っていく。個のひとりひとりが大事にされ、どうもこれはおかしいと思ったことについてはキチンと意見を言い、上位者の

言いなりになる必要はない。というようなことを話しておられました。

自らを省みて、志を持って国家公務員となり、世の中全体の奉仕者として、公僕として仕事をしようと思ってきた。しかし最近は一部の権力者の下僕となることを強いられることがあるような気がする。行政がゆがめられたと感じている。

 

正直に言って、立派な人だなと感じました。もちろん事務次官にまで登った人ですので、頭脳明晰であることは当然ですが、現在の官邸と官僚の関係についてここまで明確に問題提起をすることができる官僚がいることに感心しました。

彼は、政治的に反自民とか、反安部とかではないと話しています。きっと自分の倫理観から現状を憂え、官僚制が崩れてきていることに耐えられなかったのだと思います。

 

官僚制のモデルを提起した人として、社会学の祖、マックス・ウェーバーがいます。

さまざまな政治における支配を類型化し「合法的支配」「伝統的支配」「カリスマ的支配」

と分けました。いつの時代でも権力者は腐敗していく可能性を秘めています。これを防止するために先人はいろいろなメカニズムを取り入れてきました。権力機構を分立させ、三権分立という原理も確立してきました。どうもこれらの仕組みがうまく機能していないように感じられます。どうか、正常に機能するような仕組みをさらに追及してほしいと思った最近です。