HOME  > 経営ブログ

経営ブログ

2017.04.24

藤井聡太くん

執行役員 林 立晴

14歳のプロ棋士である藤井聡太4段が、プロの公式戦で13連勝を飾って新聞記事になりました。真剣勝負を行うプロ同士の戦いにおいて10連勝以上ということはあまり多くありません。それを14歳の中学生が達成したのですから、皆が驚き、将来の名人候補と呼ばれるのも納得がいきます。また今朝のニュースでは非公式戦ですが、羽生3冠に勝ったということで話題になっています。

 

調べてみると、昨年プロの公式戦で年間勝率が7割を超えた人は8人しかいませんでした。

プロ棋士は170名ほど存在していますので、約5%ということになります。

ちなみに、羽生元名人は5割5分、谷川九段は4割、佐藤康光九段は4割8分という成績だったようです。年齢が高くなると高勝率をキープすることは厳しいようです。

2人で戦い、どちらかが勝てば必ず片方は負けるわけですから、勝負の世界で勝率7割というのは断然強い!頭1つ抜けでた強さなのでしょう。天才と言われる所以です。

 

現在、将棋も囲碁もコンピュータが発達してきており、プロ棋士が負け越すことが当たり前の時代になってきたようです。何10万局分の棋譜を蓄えており、自分の中で対戦を繰り返し学習機能まで備えているので、人間が勝てる時代は終わったと言えるのかもしれません。

 

しかし、人間同士の戦いではその人の個性があり、まっすぐに勝ちを目指す人や、じっくりと構えて相手のミスを誘発させるような棋風の人もいます。またいわゆる定石系が好きな棋士や逆に力将棋を得意とする棋士もいます。そんな個性豊かなプロの中にあって、中学生の藤井4段がどこまで伸びていくのか、強くなるのかが楽しみです。18歳になる前に名人となることを期待しています。

 

2017.04.17

女流ミステリー小説作家

監査役 久末 博昭

最近,良く読んでいるミステリー小説の女性作家を2人紹介します。
 
一人目は「若竹七海」さん。1991年に作家デビューして,本格推理小説,ハードボイルド,コージー・ミステリー,パニック小説,歴史ミステリーと幅広く多彩な分野で活躍しているベテラン作家です。最近では「暗い越流」で2013年日本推理作家協会賞受賞,「静かな炎天」で2017年このミステリーがすごい2位と,今話題になっている作家です。私も「静かな炎天」で,彼女の作品を初めて読んで気に入り,ファンになりました。
 
人気がでたのは,葉村昌シリーズの作品です。外見はパッとしない40代独身の女性探偵(葉村昌)が,何度も災難に合いながら,依頼者に約束した問題解決に体をはってやり遂げるその過程が読者の共感を集めます。扱う事件は日常ありがちな平凡なものなのですが,関係者の悪意が絡み合い,かならずしもハッピーエンドにはなりません。読後感は多少苦いのですが,都会的なしゃれた会話とドライな作風が,広い年代層の支持を集めさ短編推理小説の名手といわれています。
 
 
二人目は「柚月裕子」さん。「臨床真理」で,2008年「このミステリーがすごい」大賞を受賞してデビュー。その後「検事の本懐」で2013年大藪晴彦賞受賞。「孤狼の血」で2016年日本推理作家協会賞を受賞しました。彼女の作品はTVドラマにもなり,若手の女性ミステリー作家として一番注目を集めています。
 
外見は風采が上がらず,パッとしない若い検事(佐方貞人)が,真実を裁くために,あらゆる努力をかたむける佐方貞人シリーズの短編小説は,法廷を舞台にした作家の熱いメッセージが伝わってくるエンターテイメント性の髙い作品です。読み始めると,つい力が入って主人公を応援したくなり,感情移入してしまうのは作家の筆力でしょう。
 
クールな若竹さん,ホットな柚木さんと,対象的な作風をもつ女性作家の活躍は本当に楽しみです。出来れば,女性探偵シリーズや検事シリーズの作品をどんどん書いて,もっと二人の知名度を挙げてほしいものです。
 
 

2017.04.10

学則不固

代表取締役社長 長澤 康夫

  先週の ゴルフのマスターズ中継のために,日頃の朝のルーチンを狂わされた方々はさぞかし多かったのではないかと想像いたします。私も丁度朝の出勤タイムになっているのに,マスターズの歴史的な場面が続いていましたので、日常をとるか歴史的な事件をとるか、迷いながらもあえなく日常と変わらず会社に向かっている自分をちょいと情けなく感じた4日間でした。

 毎年このマスターズがトリガーとなって私のゴルフシーズンが開幕します。冬の間にゴルフ雑誌で読んだ新しい打ち方なんぞを心に刻み、今年こそは見事にその新技術を開花させては生まれ変わったゴルファー長澤を夢見る、そんな瞬間がまたやってきました。しかし人間というのはどうしてこうも同じ過ちを繰り返すのかとは思いながらも、またまた今年も懲りずにコースに出ていく自分が本当に笑えます。

 しかしながら孔子の教えの「学則不固」という言葉があります。学すなわち固ならず、ということで、いつも学び続けることが自分の頑固さを打ち破ってくれて柔軟な人間となって若さを保てる、という意味だそうです。年齢とともに誰でも大なり小なり保守的で頑固で視野が狭くなっていくわけですが、それを防ぐことが出来るのは、素直になんでも学びたいという心持だと教えています。

 仕事でもゴルフでも学び続けることが究極の老化防止策と教えているわけですが、孔子の時代にはゴルフなんかは,なかったわけですから、今孔子が生きていれば、ゴルフなんぞは諦めが肝心、と教えたかもしれませんがね。最近周りの先輩の皆さんのお話をお聞きすると、100歳に近い自分の親の介護、いわゆる老老介護のど真ん中にいらっしゃる方々がとても多くなりました。いよいよ寿命100歳時代が目前です。私もこれから30年もの間人様に迷惑をかけずにどうして生きていけばよいのでしょうか、なんて考えさせられます。そんなときに思い出しましょう、

 ・・・・学則不固・・・・学すなわち固ならず・・・頑固にならずに素直な気持ちで常に学びましょう・・・
 
   

2017.04.03

『シーズン開幕!!』

取締役 高橋 俊一

4月の声を聞いて、心なしか陽射しも温かく感じられるようになりました。
長い冬も終わりを告げ、いよいよ待ちわびた、新緑の季節の到来です。
草木も芽吹きはじめる、北国の春は、とくに新たな始まりを予感させてくれるような気がします。
 
いざ新シーズンへ!!
一足早く、スポーツの世界では、2017年シーズンが開幕しています。
プロ野球の日本ハムも開幕しましたね。今年も熱いシーズンになる事を期待しています。
コンサドーも、久しぶりのJ1での戦いが始まっています。並みいる強豪を相手にどこまでできるか、とても楽しみですね。
会社も新年度(2017年度)を迎えました・・・
この4月でSEチームに新たなメンバーが加わりました。共に頑張っていきましょうね。
我が営業本部も、新たな戦力として岡田さんを迎えています。
新しい体制で、昨年以上の成果があげれるように一丸となって2017年度に臨みたいと思います。
来週は、全社のKICK OFFミーティングも予定されています。
年度初めの、この新鮮な気持ちを忘れないようにして、一年間やっていきたいですね。
今年度も、皆様、何卒、宜しくお願い申し上げます。
 
Runの方も、温かくなってきて、いよいよ北海道も外を走れるようになってきました。
昨日は、北海道マラソン2017のエントリーがあり。今年も無事、申込を完了して、ますますやる気になっています。
また、今シーズン使用するシューズも新調しました。例年通り私は、Asics社製のものを好んで使っています。
ただし、今シーズンは、本番レース用と練習用の2足を準備して、使い分けようと考えています。
こちらの方も、新たなシーズンに向けて気分が高まるばかりです。
 
どんなシーズンになるかは、自分次第・・・
仕事もRunも悔いを残さぬように、全力で駆け抜けたいと思います。
どちらも、最高の2017年度シーズンとなることを期待して・・・
 
Challenge yourself and have fun!!

2017.03.27

60の手習い

執行役員 林 立晴

年を取ってから、何か今までと違うことを始めることを60の手習いというようです。

たぶん「人生50年」といわれた時代に作られたことわざでしょう。

60歳を超えてから高校時代の同窓会が増え、大企業に勤めていた人の多くが再雇用を断り、毎日が日曜日、いわゆる悠々自適の生活に入っています。確かに、昔の部下の元で働くのはあまり楽しくはないかもしれませんし、給与も半分ぐらいになってしまうとなれば「働きたくない」と考えるのも理解できます。退職金もそれなりに貰っているみたいですので働かなくても暮らしていける人たちです。

しかし朝起きて、今日なにをしようかな?と悩むのは、何か寂しいなと考えています。

やるべきこと、またはやりたいことが沢山あって、できれば小さな些細な目標を持って、少しずつでも前に進んでいる実感を持ちたいと思っています。

そこで、60の手習いを始めようと思いました。まだ本当に続けられるのか自信はありません。1日に1時間、週に7時間やれば計算上は年間で360時間を費やすことになります。もしも5年間続ければ1800時間の経験者になります。これだけ続ければ、ちょっとした物になれるかもしれません。

 

しかし、現実には仕事以外に、友達との飲み会があり、趣味の農作業があり、毎晩の晩酌がありとなかなか難しいものがあります。他の誘惑も多いと思います。あまり肩肘をはらずに、のんびりと楽しく、黙ってやってみることにします。

5年後ぐらいに「ところであれはどうなった?」と聞いてみてください。

ははは、あれは半年で諦めた、という言葉が返ってくるかもしれません。