HOME  > 経営ブログ > 取締役 久末 博昭 > 子持ちは金持ち

経営ブログ

2023.01.23

子持ちは金持ち

取締役 久末 博昭

 岸田政権は異次元の少子化対策を実行すると発表しました。過去の政権も同じような施策を掲げてきましたが,少子化の波は大きくなる一方で昨年の出生者は77万人となり.とうとう80万人を割ってしまいました。子供手当を少し増額したり,保育園に通いやすくしたりする程度の対策では,効果はほとんどないでしょう。

 私なりに考えた少子化問題のゲームチェンジヤーとなる特効薬を説明します。数年前に新聞記事である大学の先生(名前は忘れました)の説明で,これだと腹に落ちた対策案がありました。その後何年たっても忘れられずに,時々思い出してはやっぱりこれしかないと思う対策案です。 

 話は簡単で政府が将来への投資として,子供が生まれてから18歳になるまで,一人あたり一年間で100万円の子供手当を支給する案です。子供一人に対して18歳まで総額1800万円を支給するというものです。 

 どのくらいのお金が必要なのか試算してみました。18歳までの人口が約1900万人なので,一人100万円支給したとして1年で19兆円となり, この投資を効果が出るまで20年間続けたとして380兆円となります。19兆円はそれなりの費用ですが, 思い切った政治決断があれば可能だと思います。その費用をどのように捻出するか, 国民みんなが考えればよいのです。 

こんな対策案は夢物語でしょうか?

 少子化の最大の原因は, 若者が貧しくて結婚も出来ず,まして子供を産めばますます貧乏になり,子供を育てられる経済力がないと自覚しているからです。子供を産んで育てれば金持ちになれる。なんとか生活していける。若者たちがそう思える環境を生活環境を作ることが一番の解決策です。非正規雇用の若者夫婦が年収200万でも,子供を二人産めば年収400万になるのです。 

  少子化が大問題であることは間違いありません。私のような団塊の世代はいわゆる復員っ子と呼ばれて,国の施策で産めよ増やせの中で生まれてきたわけで, 兄弟が3人~4人の家族はごく普通でした。戦争による国民の減少を補うのが狙いだったのでしょう。

   団塊の世代の親達は子供の将来のために教育に力を注ぎ,自分達の果たせなかった夢を子供に託しました。当時子供は生きていくための希望でした。我々団塊の世代も,親がしてくれた事を真似して子供達を育ててきたつもりです。少子化というのは労働力が減る,経済が伸びないというよりも, 日本人にとって将来の希望が無くなるということです。もう一度子供を育てることが希望だという時代を取り戻すために, 政府は一番大事なところに税金を思い切って投入すべきだと思います。

 

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
成田 輝満取締役成田 輝満
加藤 哲也取締役加藤 哲也
久末 博昭取締役久末 博昭
古川 正志監査役古川 正志

月別アーカイブ

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集