HOME  > 経営ブログ > 取締役 久末 博昭 > 運が悪い

経営ブログ

2022.08.01

運が悪い

取締役 久末 博昭

  相当昔の話ですが, 私がまだ駆け出しのSE課長だった頃, 飲み会の席で若手社員達に『仕事で何か失敗したらあれこれ考えずに, ただ運が悪かったと思って,次の仕事へとりかかれ』と言った事があります。隋分乱暴な話ですが,,私なりの理由がありました。 

  ITシステムの開発には失敗がつきものです。ほとんどが関係者間の意思疎通不足,ブロジェクト内のコミュニケーション不足が原因です。若いSE達が原因を突き詰めて考え行くと,大体がお客が悪い, 上司が悪い, 先輩か悪い,製品が悪いという話になってしまいます。 

  そうしないと気が収まらないという心理もあるでしょう。結局自分のことを棚に上げて第三者を恨むことに時間を浪費してしまうことが多くなってしまいます。それまでの人生であまり失敗の経験がなかった若者達が明らかに自分のせいで失敗したとなった時, 落ち込む心のリカバーをどうするかが大事な問題になります。

 

  一番良いのはさっさと忘れて次の仕事に取り掛かり, また失敗して怒られてというような失敗を繰り返しながら,心の免疫を早く身に着けることではないでしょうか。

  そんな時の便利な言葉は『あれは運が悪かった』です。なぜ運が悪かったかと聞く人はあまりいませんし, 聞いても無駄だとあきらめてしまうでしょう。

 

  この言葉は人を恨まずに,とりあえず神様のせいにして仕事に取り組むことによって前に進めという励ましです。若者達はいろいろな経験をつんで,失敗しそうになった時はどうすればよいのかを時間をかけて学んでいきます。 

   魔法の言葉ではありますが,余り多用すると自責の観念が欠如している無責任男とみられる心配もありますが, でもきっと大丈夫です。

 

 

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
成田 輝満取締役成田 輝満
加藤 哲也取締役加藤 哲也
久末 博昭取締役久末 博昭
古川 正志監査役古川 正志

月別アーカイブ

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集