HOME  > 経営ブログ > 取締役 久末 博昭 > オーディオプレイヤー

経営ブログ

2022.05.23

オーディオプレイヤー

取締役 久末 博昭

   アップル社がiPodの製造を終了するというニュースを聞いて,かなりがっかりしました。私はiPodシリーズ製品を長らく愛好して,iPod クラシックからiPodミニ,iPodナノと使い続けてきました。iPodナノを使って先月まで通勤途中でずっとポッドキャストを聞いていたのですが,機器の故障のせいか再生スピードが段々速くなり,聞き取れなくなってしまいました。最初は私の脳の老化のせいではないかと不安になりましたが, そうではないと分かって安心しました。しかし修正する方法がわからず,とうとう諦めて今はスマホに切り替えました。 

   私のオーディオ・プレイヤーの歴史を振り返ってみますと,大学生の頃下宿でポータブル・プレイヤーにドーナツ版レコードをセットして聞いたのがオーディオ・プレイヤーを持った最初の体験でした。当時はラジオしか聞くものはなく, 映画音楽のレコードを聴いて,なんてきれいな音だろうと感激したものです。そういえば,あの当時は雑誌の付録でソノラマというのもありました。 

    社会人になって,多少お金も貯めてようやくミニコンポと言われるステレオセットを購入して部屋に据えて,生活レベルが1ランク上がったと喜んだ記憶があります。次はカセットテープのダビングができるダブルデッキタイプのカセットラジオを購入しました。ラジオ番組を録音したり,友人の音楽テープをダビングしたりで,カセットテープがずいぶんと貯まりました。一部は今でも保管してあります。 

    地方の営業所へ転勤になり,列車に乗る機会が多くなったので,当時発売されたばかりのソニーのウォークマンを買いました。営業所では私が一番先に買ったことが自慢で,同僚に見せびからしたものでした。携帯型カセットテープの走りの製品で,その音質の良さに最初はびっくりしたものです。ミユージックテープといわれるカセットテープが全盛の頃で, ウォークマンでアリスを聴きながら,車窓の雪景色を眺めていたことを思い出します。 

    その後CDの時代が到来し,今度はCD付ラジカセを購入しました。CDに続いてソニーがMDも発売し, 私は早速携帯用MDプレイヤーも購入しました。これはカセットプレイヤーより一回り小さくて出張のお供として好都合でした。さらにMD/CDつきラジカセも買ってCDから,せっせとMDやカセットテープへコピーしたものでした。MDは現在は世の中から消えていますが,私は今だに当時録音したMDを捨てられずに保管しています。 

    時代は移り, 携帯型オーディオプレイヤーはiPodが発売されて大きく変化しました。 CDからPCを通してiPodへコピーするという形ができ,この10年間程度はその流れでやってきたような気がします。最近は音楽よりポッドキャストを聴くことが多くなり,小型のiPodナノはワイシャツの胸ポケットに入るので重宝していたのですが,製造終了とは残念です。 

   考えて見れば,50年近く次々とオーディオ・プレイヤーを買い替えてきたのは, 通勤や出張の移動中に何かしら耳から聞くことが習慣になり,私にとっての生活必需品となったことや,技術革新がわかりやすい形でオーディオプレイヤー製品として発売され,値段も手ごろということが購買意欲を高めたせいでしょう。 

    今後は携帯型オーディオプレイヤーとしては, ワイヤレス・イヤホンでスマホをとおして音楽やPodcastを聴くスタイルにトライしたいと考えていますが, ワイヤレス・イヤフォンが耳から外れやすいという話も聞くので,さてどうするか思案中です。

 

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
成田 輝満取締役成田 輝満
加藤 哲也取締役加藤 哲也
久末 博昭取締役久末 博昭
古川 正志監査役古川 正志

月別アーカイブ

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集