HOME  > 経営ブログ > 取締役 久末 博昭 > カラオケバトルの新スター

経営ブログ

2021.10.18

カラオケバトルの新スター

取締役 久末 博昭

   会社からの帰宅途中に, 路上ライブをする若者の歌にちょっと足を止め, しばらく聞き入ってから,なかなかいいじゃないかと心の中で応援して,又家路を急ぐという経験はこれまで何度もありました。そんな時, その歌を聴いたら心を鷲掴みにされて, 何度も何度も聞きたくなり, ライブが終わるまでじっと聞き入るような歌手にいつか会ってみたい・・しかし,そんなことは妄想だと考えていました。 

 それが現実の出来事になりました。私の好きなテレビ番組「カラオケバトル」に新しいスターが誕生しています。広島県三次市の中学三年生, 久保陽貴君です。アンダー18選手権では毎回98点~99点の高得点で優勝争いに絡むのですが, まだ優勝したことはありません。Yotubeにも彼の動画がたくさん掲載されて, 再生回数の合計が200万回といいますから大変な人気といえます。 

 昨年までの彼のYutube動画を見るとリズム感が抜群で, 少年らしい美声で,高音もよく伸びる, 本当に歌が上手な子供だなという感じでした。その後, 声変わりの時期が始まり,今は声もハスキーになり, 高音が出ずらくなったり, 声が割れたり, 時折苦しそうな表情で歌っています。しかし, そんな彼の歌が, 哀切があり, 15歳の少年が紡ぎだす歌の情感があり, 聴く人の心を鷲掴みにしています。彼の声を一度聞くと, もっと別の歌も聞きたくなる魔力のような力があります。 

  カラオケバトルは素人なのに, とんでもなく歌がうまい天才たちが出場して, 視聴者をびっくりさせるのが醍醐味の番組です。私も最初からずっと見続けているファンの一人ですが, 彼の歌はカラオケマシンの詳細な採点基準には多少合わないところもあって優勝は難しいと思うのですが, もう一度聞きたくなる声の魅力度は断トツで一番です。

  彼はこれから体も心も成長し声変わりの後,声も変わっていくでしょう。歌声の質や表現力,技術力も変化していくと思います。15歳の少年が声変わりの時期に,精一杯歌い上げてくれる歌は,まさに今しか聞けない一期一会の歌だと思います。私にとっては孫の世代の少年ですが,一人のアーティスとして,すごいと感嘆し,できればカバー曲のCDを出してほしいと願っています。

 

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
成田 輝満取締役成田 輝満
加藤 哲也取締役加藤 哲也
久末 博昭取締役久末 博昭
古川 正志監査役古川 正志

月別アーカイブ

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集