HOME  > 経営ブログ > 取締役 久末 博昭 > 暑い札幌

経営ブログ

2021.08.10

暑い札幌

取締役 久末 博昭

 今年の札幌は日中最高気温が30度を超える真夏日が3週間以上続き, 札幌市民はこれまで経験したことが無いような暑い夏を過ごしています。 

 真夏日は年間通して3,4日あり, 少し暑いなと思っていたらすぐお盆になり秋風が吹いて夏も終わりかというのがこれまでのパターンでした。今年は7月に入ってから,雨が全然降らず暑い日がずっと続いています。最低気温が25度以下にならない熱帯夜があるというのが驚きです。 

そんな暑い夏の生活風景を思いつくまま描いてみました。 

 昼間, ギラギラ照り付ける日差しの強さは, 東京と同じで湿気は少ないとはいうものの日向を歩いていると熱中症の恐れさえ感じてしまいます。また夕方4時を過ぎてもちっとも涼しくならないのが今年の特徴です。 

 札幌市内の古いマンションにはクーラーは設置されていません。冬用の暖房設備にお金をかけているため夏を考えての冷房装置はなく,それで問題なく夏を過ごしてきたわけです。せいぜい扇風機があるくらいです。私の住んでいるマンションも古いのでクーラーはありません。東京では蒸し暑い夜はクーラーをかけないと眠れないのが普通ですが,札幌では窓を開けて寝ると冷たい風が入ってきて風邪をひきそうになるので,わざわざ夜中に起きて窓を閉めるというのが例年のバターンでした。今年は朝まで開けっ放しでも,寝苦しくて寝不足の日が続いています。 

 地下鉄もJRも,市電もコロナ対策で窓を開けて走りますが,唯一窓が開かない市電の新型車両に乗り合わせると,冷房が効きすぎてそのあまりの気温差に体がびっくりしてしまいます。車両から降りて外気に触れてホットするというのは札幌ではめったに経験しない出来事でした。 

 通勤途中の風景で気が付くのは東京と比べて半そで姿のサラリーマンが少ないということです。もともと半そでシャツを長そで持っていない人が多いと思います。わたしは1着も持っていません。背広は持たずに,長袖シャツの腕まくりの人が大部分です。 

 夏は冷夏が当たり前と思っているので,暑い日が続いたりすると本当は儲かった気になるのですが, 今年の暑さは儲かるどころか,もう勘弁してほしいという暑さになりました。

 

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
成田 輝満取締役成田 輝満
加藤 哲也取締役加藤 哲也
久末 博昭取締役久末 博昭
古川 正志監査役古川 正志

月別アーカイブ

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集