HOME  > 経営ブログ > 取締役 久末 博昭 > 新型コロナの1年

経営ブログ

2021.04.12

新型コロナの1年

取締役 久末 博昭

新型コロナの1年

新型コロナ発生から一年以上たって,平凡な市民の生活がどう変わったか,私を例にとって振り返ってみたいと思います。

(マスク)

マスクの着用がすっかり身につきました。私が愛用しているマスクは無印の布製マスクです。洗濯ができ何回も使えて,通気性もあり長く着けても息苦しくないのが気に入っています。柔らかい針金が入って鼻の形にフィットするので,特に冬場はメガネが曇らないのが便利です。通勤途中で行きかう人々のマスク着用率は100%で,日本人は本当に規則を守る国民だと思います。 

(手洗い)

外出先から帰った時の手洗いは,我ながら徹底して実行しています。家でも会社でも,外から戻ったら必ず石鹸で手を洗っています。この1年間で手洗いは本当に生活習慣になりました。 

(外食)

会社のランチは,週1回ペースで4店,5店のほぼ決まったお店を順番にめぐるスタイルです。最近はどのお店もアクリル板の仕切りがあるので,向かい合わない席で短時間で黙食をするようにしています。食事をしながらの会話はしないので,食事時間はあっという間に終わって,あとはオフィスで昼寝をしてランチタイム終了です。

休日の外食は,この1年はほとんどしていません。家人が食堂やレストランで食事を嫌がるので,デパ地下で弁当を買って,家に帰って食べるのが普通になりました。そういえば居酒屋にも入ったことがありません。最も,このご時世では,何とかして居酒屋で飲みたいという気分にもなれません。

(旅行)

札幌市外へ出かけたことはこの1年間ほとんどありません。例年だと正月やGW,夏休みには,横浜に戻って子供や孫と会うという年間行事はあっさりなくなりました。私用で旅行して,万が一感染したら周りの皆さんに迷惑をかけるかもしれないという恐れが,旅行に二の足を踏ませます。

(今後の対策)

ダンスアンドハンマーで,規制を強めたり弱めたりしながらワクチン接種が進むまで待つという時間稼ぎ作戦も,いい加減疲れてきたというのが一般の市民感情ではないでしょうか。時間と金はかかっても,感染症対策の王道である全員検査で症状のない陽性感染者をあぶりだして,隔離するという大作戦を真面目に検討する時期になっていると思います。

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
成田 輝満取締役成田 輝満
加藤 哲也取締役加藤 哲也
久末 博昭取締役久末 博昭
高橋 俊一執行役員高橋 俊一
古川 正志監査役古川 正志

月別アーカイブ

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集