HOME  > 経営ブログ > 取締役 久末 博昭 > ポッドキャストの世界

経営ブログ

2020.10.01

ポッドキャストの世界

取締役 久末 博昭

 
  この数年間は,通勤の傍らポッドキャストを聞く事が習慣になっています。AppleStorから手持ちのiPodに,いくつかのポッドキャスト番組をダウンロードして,歩きながら,電車に揺られながらで聞くことがすっかり通勤のルーチンになりました。
 
普段私が聞いているポッドキャスト番組について,私なりの感想をお話します。思いつくままの順番なので,お気に入りの順位と言うことではありません。
 
1)伊藤洋一のRoundUp World Now
テレビに良く出演している経済評論家である伊藤洋一氏が,1週間の政治経済の状況をかいつまんでわかりやすく解説してくれます。ご自分の立場,意見も明確に述べるので,賛否を含めて私ならどう考えるべきと自問する時に参考になります。きっと日本の標準的な会社員なら,政治経済問題について質問されたら,こう答えるべきという模範解答になると感心しています。
 
 
2)大竹まこと・コールデンラジオ「大竹紳士交友録」
俳優・大竹まことが,放送曜日毎に決まっているコメンテーターと,約20分間にわたってありとあらゆる話題を語りあいます。コメンテーターも俳優,経済評論家,漫画家,ミュージシャン,ジャーナリスト,編集者,大学教授と幅広く,夫々の専門分野のトピックスがテーマになり,雑学の域を越えて,新しい分野の知識を得るという面白さがあります。
 
3)大竹まこと・コールデンラジオ「大竹メインデッシュ」
毎日違ったゲストを呼んで,大竹まことがインタビューする番組ですが,どういう基準でゲストが選ばれるのかよくわかりません。ゲストとしては芸人,小説家,ライター,評論家,政治家等が登場して,とりとめもない話をするのですが,ベースにあるのは反権力なので,政府に対する辛口批判などテレビではあまり聞けないよう話が飛び出してくるところが醍醐味でしょうか。
 
 
4)週刊日経トレンディ&クロストレンド
今何が流行しているのか,具体的な製品やサービスを伝えてくれる日経トレンディという雑誌の宣伝番組です。私は結構,はやりものに興味があって,随分むかしからこの番組を聞いています。また生活やビジネスの潮流がどう変化していくのか,そのあたりについても最先端の情報を提供してくれます。私自身は,これまて番組で紹介された新製品を買ったことはないのですが,なんとなく世間の人より,この製品を先んじて知っているいう事に優越感を感じます。
 
 
5)本田健の人生相談
この人は,自己啓発の専門家で,数多くの本を出版して多数の読者を得ています。本田氏はともかく話が上手です。色々な人生相談に,何となくそうだよなと,思わせる回答を歯切れよく語っていきます。謙遜しながらも自分のPRも,しっかりされて,これからは本ばかりではなくSNSで世界中へ発信し続けていく数少ない日本人だとおもいます。
 
6)武田哲也の今朝の三枚おろし
1週間で,一つのテーマを5分間ずつ5日連続で語ると言う構成です。5分間で記憶に残る事とをしゃべると言うのは結構むずかしいと思うのですが,武田氏はテーマに関連した本を読んで勉強して,それに彼独自の解釈を加えて,新しい切り口で語ります。興に乗ってまるで講釈師のように名調子でしゃべる様子は,さすが役者であり,まさに語る人です。
 
7)茂木健一郎のDream Heart
脳科学者である茂木健一郎氏が,今話題の人,これから話題になりそうな人を呼んで,インタビューする番組ですが,茂木氏がともかく,これでもこれでもかと,ゲストを褒め称えて良い気持ちにさせて話をどんどん引き出していくところにおもしろさがあります。ゲストの半分以上は全く私の知らない人ですから,ある意味世界が拡がった感じがします。
 
ポッドキャスト番組は,普段はテレビでは見れないような全く異業種や別業界の人の話を聞くことができます。活字を追うのがだんだんと面倒になってきましたから,耳からの情報収集は,頭脳の活性化とボケ防止には役立つかもしれません。
経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

月別アーカイブ

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集