HOME  > 経営ブログ > 取締役 久末 博昭 > 去年見た映画とドラマ

経営ブログ

2020.03.02

去年見た映画とドラマ

取締役 久末 博昭

今回は,前回に引き続き去年見た映画とドラマを整理してみます。私の映画日記の記録を集計してみると以下のようになりました。

海外TVドラマ ・・・・・ 59本

日本TVドラマ ・・・・・ 31本

海外映画 ・・・・・    18本

日本映画 ・・・・・    15本

合計           123本 

これらはレンタルDVDか,アマゾンプレミアムかのどちらかで,去年は残念ながら映画館で見た映画は一本もありませんでした。去年に比べると,随分と減っている気がします。シリーズもので,ずっと見続けたいドラマが少なかったのが原因でしょう。毎週平均すると2~3本のペースですから,それほどの本数ではありません。もともと,19:30~21:30の時間帯のTV番組があまりにつまらなく,代わりにドラマや映画をみているだけなので,おもしろそうなテレビがあるとそっちを優先してしまいます。 

参考までに海外TVドラマを整理すると以下のようになっています。

1) 警察もの・・・・クリミナルマインド,NCIS,911

2) 法廷もの・・・・グッドワイフ,ブル

3) 医者もの・・・・グレースアナトミー,グッドドクダー

4) 政治・戦争もの・・ザサバイバー,ラストシップ

印象に残っているのが発達障害の医師の成長を描くグッドドクターです。シリーズ2まで見ていますが,膨大な医学知識と技術がありながら患者とのコミュニケーションがうまく出ない若い医者が,周囲のサポートを得て名医へ成長していく物語です。 

去年は日本のTVドラマもよく見ました。ジャンル別に整理すると以下のようになります。

1)警察もの・・・・緊急取調室,ミスシャーロック,コールドケース

2)恋愛もの・・・・カルテット

3)その他・・・・デザイナー渋井直人の休日,居酒屋ぼったくり

癒し系でのんびり見るなら「居酒屋ぼったくり」がおすすめです。 

映画は日本映画は去年よりはよく見たほうですが,印象の残っている映画はありません。いちおう話題になっている映画をみているつもりですが,なかなかピンときませんでした。外国映画で,私が評価Aにしたのは,以下の4作品です。

グレートバトル・・・・韓国版キングダム映画でともかくCGを駆使してすごい古代戦場を再現しています。

グリーンブック・・・・アカデミー賞受賞作品

キラーハンター・・・・よくできた潜水艦の戦争映画

ボヘミアンラプソデイ・・世間の評判が高い音楽映画 

どうも私の趣味趣向が偏っていて,評論家が話題にするような名作はあまり見たことがありません。つまらないと,平気で途中で寝てしまったり,中止してしまったりするので,途中で飽きることなくハラハラドキドキで,最後まで見終わることが出来るというのが今期待している映画です。

 

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集