HOME  > 経営ブログ > 取締役 久末 博昭 > 昨年読んだ本

経営ブログ

2020.01.20

昨年読んだ本

取締役 久末 博昭

昨年に引き続き,今回は昨年読んだ本について総整理をしてみます。普段は面倒くさがり屋の私も,不思議と読書記録だけは真面目につけていますので,それを参考に集計すると以下のようになりました。 

コミック ・・・・・・・・・・・・・・ 75冊

ミステリー・・・・・・・・・・・・・ 36冊

文芸(ミステリー以外)・・・・11冊

エッセイ・・・・・・・・・・・・・・ 11冊

ビジネス・・・・・・・・・・・・・・  2冊

合計             135冊

 昨年と比較すると,50冊程度増えていますが,これはコミックで「キングダム」全巻56冊を読んだせいで,ミステリーや文芸小説の冊数はほとんど変わっていません。単純計算すると週平均で3冊程度読んでいますが,半分はコミックですから,活字本だけで考えると週平均で1冊程度となり,読書量は年々減っているような気がします。ミステリーも一気読みができなくて,何日もかけて少しづつ読むチビ読みスタイルのため面白さが半減してしまいます。

 

コミックでは,昨年に引き続き読んでいるのは,「谷口ジローの作品」,「空母いぶき」「響」「Blue Gaiant」「深夜食堂」です。「空母いぶき」「響」はともに映画化されましたので両方とも見ましたが,やはり原作のほうがおもしろいという感想でした。昨年新たに挑戦したのが「キングダム」で,これはとうとう全巻56冊を読み切りました。このコミックについては,以前私のブログで紹介したこともあります。

 

コミック以外では,作家名だけ説明します。

ミステリーで,安藤能明,若竹七海,知念実希人,麻見和史,鳴海章,倉知淳,柚木裕子の常連組以外に,あらたに米澤穂信,長岡弘樹,大倉祟裕,鏑木蓮,梶永正史が加わりました。特に私は長岡弘樹のファンで,彼の作品は出版される都度買い求めています。ミステリーの傾向としては,手に汗握るアクション物や精緻なトリックの謎解きといった本格物より,淡々としたリアルな刑事を描写する作品や,何気ない日常生活のちょっとした不思議さ,不可解さを鮮やかに理由をつけて解決してしまうコージー派の作品が相変わらず好きです。それでも意識して新しいミステリー作家を発掘すべく,いろいろなジャンルの作品に手を出した1年でした。

 文芸小説としては,宮部みゆき,夏川草介,本城雅人,萩原浩,東山彰良,原田マハ,浅田次郎あたりが記憶に残りますが,特別な傾向はありません。エッセイとしては,昨年ブームになった樹木希林や伊集院静,三浦しおん,外山滋比古を読みました。あまり重たくない軽い内容が好みといえば好みになります。ビジネス関係はたったの2冊ですからほとんど読んでいないことになります。

 読んだ内容はすぐ忘れてしまうのに,なぜ読み続けるのか,自分なりに考えてみると,読書はコミックや活字の力で読者を空想の世界に連れて行ってくれて,今という時間を何となく有意義に埋めてくれるからということでしょうか。私も人生が終盤を迎えて,残りの時間を何に費やすのか,読書以外になにがあるのか真面目に考えなければいけない時期になってきたようです。

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集