HOME  > 経営ブログ > 取締役 久末 博昭 > 緊急取調室

経営ブログ

2019.12.10

緊急取調室

取締役 久末 博昭

今回は,私が最近ずっと見続けたテレビドラマ「緊急取調室」をご紹介します。

「緊急取調室」は,2014年からテレビ朝日系列でシーズ1からシーズン3まで断続的に放送された日本の刑事ドラマで,主演は天海祐希です。

これまで,刑事ドラマと言えば、犯罪が発生してから,犯人を探し出して事件を解決する刑事を描くのが主流なのですが, このドラマは事件が起きて、取調専門の刑事たちが,被疑者や重要参考人から取調室で話を聞くところから始まります。取調べの内容はすべて録音と録画されており,関係者の見守る中で犯人を自供に追い込むという今までになかった刑事ドラマです。


一話完結で,目撃情報,聞き込み情報から被疑者との舌戦、心理戦を繰り広げ、事件の真実を明らかにしていくのがメインストーリーです。緊急取調室の刑事達にそれぞれ個性的な俳優をそろえています。群像劇としても見ごたえがあり,二転三転する話もおもしろく,最後まであきず見ることが出来ます。脚本の良さもあって視聴率は2桁を維持していました。


私はこの2カ月でシーズン1から3までDVDを借りて全30話を,最後まで面白く見ることができました。 

女性刑事・真壁有希子(天海祐希)は,元は特殊犯捜査係(SIT)に所属しており、その時に起きた事件で犯人との交渉に失敗し、 その責任を負った結果、緊急取調室へ異動となりました。 同じ刑事である夫が殉職し,子供を二人育てているママさん刑事という設定です。 

その他の緊急取調室のメンバーとして,出世欲が強いリーダーの梶山管理官(田中哲司),短気で素行も口も悪い菱本刑事(でんでん),捜査二課出身の頭脳派の小石川刑事(小日向文世),少年課出身で穏やかで物腰が柔らかい中田刑事(大杉漣),画像解析のエキスパートである玉垣刑事(塚地武雅)がいます。みんなが何等か問題をかかえています。一癖も二癖もある個性的な刑事たちが,被疑者相手に良い警官になったり,悪い警官になったりの役割を巧みに演じながら,自白に追い込んでいくところが見どころになっています。中田刑事役の大杉蓮が亡くなったので,シリーズ3からは玉垣刑事が登場しました。

 

天海祐希はこの女性刑事・真壁役が当たり役だと思います。元々は宝塚のトップスターで,退団後もずっと映画,テレビで主役級の活躍をしているのは彼女だけです。背も高くがっちりした体形で,男前的なすっきり感があり,このドラマでは同僚や上司の悪口を平然としゃべったり,時にはコミカルに,時にはののしったりと,こんな強い女性がいたら面白いが,職場は大変だろうなと思わせてくれます。 

真壁刑事の取り調べは,最初は穏やかな世間話から始まり,被疑者の過去の人生をたどりながら,時には同情し,時には自分身の上話を語って心を開かせ,情に訴えたり,正義の理屈を語ったり,場合によっては涙も交えて真実を語るよう説得します。毎回被疑者役で出演するゲストも芝居の上手な俳優ばかりで,この自供をさせる場面は芝居がぶつかり合って見ごたえがあります。 

最後には,真壁刑事が,机をたたいて恫喝するような大声で,相手を威圧する演技は,見ていてスッキリする爽快感があって,ほかの女優にはできない見事なものだと思います。 

本来,人間は真実をしゃべりたがる生き物だと,何かの本で読んだことがあります。私も真壁刑事に取り調べをうけたら,1時間もしないうち,ペラペラとあることないこと,洗いざらい喋ってしまいそうです。

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集