HOME  > 経営ブログ > 取締役 高橋 俊一 > 『冬支度・・・』

経営ブログ

2019.11.11

『冬支度・・・』

取締役 高橋 俊一

立冬を過ぎて、札幌もいよいよ冬の気配が色濃くなってきました。
今週末からは、ぐっと冷え込むようなので風邪など召されませんようにご自愛ください。
 
この時期は、コートやマフラー、冬物の靴などを準備したり、車のタイヤ交換、部屋の中も冬物にチェンジしたりと
何かと忙しい時期です。個人的には、今年はスタッドレスタイヤを消費税増是前の夏場に購入しており、
少し早めに冬タイヤに交換していたせいか、なんとなく冬支度に余裕があります。
何事にも余裕をもってあたれるようにしたいものですね・・・・
もう一つ、私の中では、Runの環境も、この時期から大きく変わります。毎年恒例ですが、冬場のGym通いがスタートするわけです。
今年は、特に足の怪我が完全に癒えていないので、完全に痛みが引くまでは走らずにクロストレナーなるマシンで
患部に極力負荷をかけずにトレーニングしています。一月くらいで痛みがなくなることを期待しているのですが・・・・
 
昨日、私の通う、この某スポーツクラブから封書がとどきました。一瞬、閉鎖が頭をよぎったのですが・・・・
全く逆で、年明け1月から内装をリニューアルし、新料金体系を発表し(もちろんお安くなります。)、営業時間も現行の9:00~22:00を7:00~23:00に延長するとのお知らせでした。
利用する我々には嬉しい話なのですが、そう言えば先日、TVで健康志向の高まりと高齢化でGymに通う人が増えていて、24H営業のFitnessが結構できているようで、とても人気なのだと特集してたのを思い出しました。
おそらくは、競合に対抗する策の一環なのだと思います。是非とも頑張ってほしいものです。
以前も何かの折に触れましたが、今やこのようなGymは高齢者の社交場のようになっています。
まあ、自分も何十年後にはそうなるのでしょうが、お元気なのは良い事なのでGymが地域の健康増進と活性化に寄与する存在になる事を願っています。
これからもっと高齢化が進みますし、Iotでもないですが、個人を識別し、心拍数や体温などを記録するだけでなく、トレーニング内容などのデータを蓄積してAIで分析し、トレーニングメニューを作成したり、健康診断の結果とマッチングして食事のカウンセリングを行うなど、ITの参入は不可避と思います。などとついつい考えてしまうのは職業病なのでしょうか・・・・
 
来年のオリンピックのマラソンと競歩が、いろいろありますが札幌で開催されそうですね。
まじかで見れるのですから、Runnerとしては、純粋に楽しみです。特に競歩は、あの独特のクネクネする動きで、タイムをみると我々市民Runnerが走るのと同等以上のスピードで歩くわけですから・・・とても興味が湧きます。
 
経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集