HOME  > 経営ブログ > 取締役 久末 博昭 > 去年読んだ本

経営ブログ

2019.03.11

去年読んだ本

取締役 久末 博昭

前回に引き続き今回は,昨年読んだ本について総決算してみます。映画と同じように読書記録も一通りつけていますので,それを参考に集計してみると以下のようになりました。 

コミック ・・・・・・・・・ 18冊

ミステリー・・・・・・・   38冊

文芸(ミステリー以外)・・・・11冊

エッセイ・・・・・・      9冊

ビジネス・・・・・・      8冊

合計             84冊

 平均すると5日に1冊よんだことになりますが,コミックを除くと20日に1冊となり読書量は年々減ってきました。ミステリー小説が好きなのですが,一気に最後まで読み通す気力と体力がなくなってきました。何日もかけて少しづつ読むスタイルしか出来ないために面白さが半減してしまいます。

 コミックでは「谷口ジローの作品」,私は彼のファンで,コレクターとして結構彼の作品を集めています,「空母いぶき」「響」「Blue Gaiant」「深夜食堂」は私にとっては定番作品なので発売されると店頭で買っています。コミックは話の面白さより絵のきれいさを重視するので,好きな作品も偏ってきます。

 コミック以外では,作品名を明らかにすると私の知的レベルがわかってしまうので作家名だけの公開とします。

ミステリーで,安藤能明,若竹七海,知念実希人,麻見和史,鳴海章,倉知淳,坂本司,森博嗣,有栖川有栖の作品を読みました。傾向としては殺人事件を解決する本格的ミステリーや,犯罪に立ち向かうリアルな刑事を描写する警察物より,何気ない日常生活のちょっとした不思議さ,不可解さを鮮やかに理由をつけて解決してしまうコージー派の作品が好みになってきました。あまりハラハラドキドキしたくないという気持ちの表れでしょうか。

 文芸小説やエッセイとしては,佐藤正午,村上春樹,宮下奈都,伊集院静,三浦しおん,高殿まどかなどですが,あまり印象に残っている作品はありません。ビジネス関係は話題の高い少子化問題や空き家問題などを扱った新書を数冊読んだ程度でした。 

去年の読書の傾向として,「読んだ冊数が年々減っている」,「コミック本が多くなった」などがあげられますが,一番の驚きは読んだ本のことをほとんど覚えていないということです。作家も作品名も内容もきれいさっぱり忘れしまうので,ある意味読まなかった事と同じになってしまいます。それでも読書をするのは,なにかを記憶するためではなく,その時本を読んで面白いと思える時間を過ごすためです。そのように,割り切って考えるしかないようです。読書記録だけをつけておけば,こんな時期にこんな本を読んでいたのだという思い出作りぐらいにはなりそうです。

 

経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集