HOME  > 経営ブログ > 取締役 高橋 俊一 >  『銀シャリ・・・』

経営ブログ

2018.12.10

『銀シャリ・・・』

取締役 高橋 俊一

つい一週間前までは、雪もなく温かい日が多かったのですが・・・・
先週後半からの寒波の到来で、札幌は一面の銀世界です。このまま根雪になるのでしょうか?
二十四節季では12月7日を「大雪」というらしいので、まさに季節通りといえばそれまでなのでしょうが、
北国は、いよいよ本格的な冬の季節です。
 
一月ほど前に炊飯器を買い換えました。前の炊飯器は、数年使っており内釜の痛みや、ゴムパッキン部分の劣化が
ひどくなってきていたので、そろそろ耐用年数を迎えたのでしょう。
いつも行く家電量販店に足を運んだのですが、店頭には各メーカーの炊飯器が何十台と並んでいます。
一通り商品を眺めたり、店員さんの説明を聞いていましたが、炊飯器といってもいろいろあるもので目移りしてしまいます。
私なりにトレンドをまとめると、いくつかポイントがあるようです。(但し、これはあくまでも私見です。)
・内釜  鉄や銅の鍋、土鍋、羽釜など、形状や素材で各社様々なこだわりがあるようです。
・IH炊飯、マイコン炊飯など加熱の仕方もいくつかあるようです。
・更に圧力やスチームでより高温で炊き上げるのが主流のようです。
・お米の種類によって炊き方を変えられる機能や、硬さを選べる機能があるものもあります。
 
まあ、結局のところは、店員さんの薦めるやつを買う事になったのですが、まあ、炊飯器ひとつとっても、
家電も日々、進歩しているのがわかります。家電芸人なる人がいるのも頷けますね・・・・
きっと家電にも、IotやAⅠが取り入れられるのも時間の問題ですね。
今日のおかずに合うご飯の炊き方を炊飯器が勝手に判断して、遠隔地からボタン一つで指定の時間に炊きあがるような
感じになるのではしょうかねぇ・・・などと思ってしまうのは悪い癖なのでしょうか?
 
余談はさておき、早速、新しい炊飯器でご飯を炊いたのですが、全く別物でした。
しっかり水分を蓄えて、ふっくらもちもちに炊きあがりました。見た目の色つやも違います。
新米のせいもあるのでしょうが、まさに銀シャリとは、良く言ったものです。うう美味い・・・・
おかげさまで、毎日おいしいご飯を堪能しております。
と言いますか、今までが何だったのかと思ってしまいました。
個人的には、比較的、何でも大事に長く使う方なのですが、こんなにも違うのですね。
 
ITの世界もそうですが、技術の世界は、日進月歩。
最先端とは、いわないものの遅れずについていって、美味しいご飯を食べたいものです・・・・
 
経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集