HOME  > 経営ブログ > 取締役 高橋 俊一 > 『日本新記録!!!』

経営ブログ

2018.10.09

『日本新記録!!!』

取締役 高橋 俊一

 温帯低気圧にかわったものの、また週末は、台風が接近した北海道です。
震度5を超える余震も発生し、自然の猛威を思い知る、今日この頃です。
震災から1ケ月経つ今も、避難されている方が多数いらっしゃいます。
少しでも早い復興を祈念しています。頑張ろう北海道!!
 
 そんな中、この週末は、驚きのニュースが飛び込んできました。
大迫選手が7日のシカゴ・マラソンで2:05:50の日本新記録で3位に入賞したとの事です。
今年の2月に設楽選手が東京マラソンで樹立した2:06:11を破っての記録更新です。
この二人は、同期で大学時代からライバルとして切磋琢磨していたようです。
年齢も27歳、東京オリンピックにも期待が持てそうですね。
私もRunnerのはしくれとして、長らく低迷している日本の男子長距離界に見えた一筋の希望のような
感じがして嬉しく思っています。
この走りがどのくらいのスピードかというと、3:00/kmを切っています。
時速に換算すると、20Km/h超、100mあたり18秒を切る計算になります。
走らない人には、ピントこないかもしれませんが、私含めた市民Runnerの倍近いスピードで
42.195Km走るわけですから、早いのなんのって・・・・
 
 とはいえ、世界はというと、先月のベルリン・マラソンでケニアのキプチョゲ選手が2:01:39で優勝し、
自身の記録を1分以上更新しました。
まさに近年は、高速化著しいマラソン界です。本当に2時間切りも夢ではないところまできているように思います。
シューズやウェアだけでなく、トレーニング方法なども近代化されてきていますし、サプリメントやドリンクの類いも
年々進歩していますし・・・日本の実業団陸連からの1億円の報奨金も凄いですね。
 
 まだまだ世界との差の4分11秒は、大きいと思いますが、東京オリンピックに向けて頑張ってほしいと思います。
前回のBlogで震災の話題にしたため、今年の北海道マラソンのご報告ができてませんでしたが、あと少しでサブ4届かず、
4時間3分台でした。私も年齢に抗って年々タイムを更新中です。まずは、あと3分を目指して走り続けます。
 
頑張れ北海道!! 頑張れニッポン!!
 
経営ブログ著者一覧
長澤 康夫代表取締役社長長澤 康夫
高橋 俊一取締役高橋 俊一
久末 博昭取締役久末 博昭

過去の記事一覧

  • RSS FEED
  • RSS FEED
  • ビジネスパートナー募集