HOME  > 経営ブログ > 取締役 久末 博昭 > 買い換えたいモノ

経営ブログ

2018.07.30

買い換えたいモノ

取締役 久末 博昭

役員ブログ  買い換えたいモノ 

後期高齢者まであと5年となった私のような団塊の世代は,物を買う基準が変わってきます。なにしろ何十年も使えるような長寿製品は必要ないわけですから,いかに元気でいる間,私を楽しませくれるモノであるかが重要となります。 

そんな視点から,私の身辺でモノの買い替え需要を調査してみました。 

車の買い換えはないでしょう。もうすぐ周りから免許返上を求められる年が近づいたので,いまさら別の車に乗り換える気はしません。一方自転車には,がぜん興味があります。車は危ないし,足腰が弱って歩けないし,でも近所まで買い物に行きたいとなったら,思いつくのは自転車です。電動アシスト付のシニア向け自転車は需要が高いと思います。GPSをつけて追跡可能であれば,盗難防止と徘徊防止にも役立ちます。 

家電製品では,やはりテレビをぜひ8Kに変えたいところです。東京オリンピックをぜひ8Kテレビで観たいと思っています。迫力ある大画面テレビとしたいところですが,我が家では置き場所がなく,せいぜい40インチ前後でしょうか。これ以上大きいと,テレビとの距離が近すぎて,テレビ画像で船酔いを起こしそうです。もっと心配なのは目が悪くなって,8Kにしても意味がなくなることです。 

PCとスマホは今年買い替えたばかりですが,もう1回くらいは買い換えたいところです。技術の進歩を一番実感できる道具ですから,こんなこともできるのかという感動をまた味わいたいものです。きっとボケ防止とキャッシュレス時代の必需品になるでしょう。 

電子ブックは1個もっているのですが,きっとこのままで買い替えでないでしょう。10年後にこの媒体,この技術でためこんだ電子ブックを読めるのかという不安が多少残ります。特別電子ブックが安いわけでもないので,紙の本で十分ということになりそうです。 

通勤途中で聞いているiPodはアップルから後続製品が発売されていないので,今持っているiPodが故障したらそれで終わりです。他社製品に乗り換える気はありません。腕時計は故障するまで使い続けて,故障したら一応買い換えるでしょう。 外出時に腕時計をしていないと,どうも不安になります。 

ボールペンは2年に1度買い換えます。ウォータマンのボールペンが気に入って何十年も使い続けているのですが,手汗でボールペンが錆ついてしまい,買い換えざるをえません。これは字が書けなくなるまで使い続けるでしょう。

 背広やワイシャツ,ネクタイ,バンド,靴は仕事の為の道具ですからに,退職したら不要になりますが,仕事を続けている間は,買わざるをえません。退職後の普段着は,現在の休日服と考えれば,特別買う必要もないでしょう。 

思いつくまま書いてしまいましたが,あまり高額なモノは見当たりません。消費意欲の旺盛な団塊世代が,人生の残り時間で何にお金を使うのかは,非常に興味深く,日本の景気にも影響を与えそうです。