HOME  > 経営ブログ > 取締役 高橋 俊一 > 『密かなこだわり・・・』

経営ブログ

2018.06.11

『密かなこだわり・・・』

取締役 高橋 俊一

 
YOSAKOIも終わり、次は北海道神宮際・・・・6月も中旬である。
今週は、雨で肌寒いが多そうな天気予報、シンガポールでの米朝首脳会談の行方やいかに・・・
サッカーW杯も開幕しますが、西野Japanは活躍できるのか?
大谷君の肘の具合も心配です・・・何かと話題の多い6月です。
 
私はというと、気候も良くなり、順調に走り込む日々を過ごしております。
今年のテーマは、いかに楽に走れるかを追及してみたいと思っています。
先日、先輩Runnerの方に「ただやみくもに知ってもダメで、ゆっくり長く走ったり、スピード練習をしたり、
目的を持ってメリハリ付けて走らないと・・・」とありがたいお言葉を頂戴しまして、そういえば私の場合、
ゆっくり走ろうとしても、距離に関係なく、結局、5:00/Km~5:30/Kmくらいのラップタイムになってしまう傾向があり・・・
反省を活かして、今年は、タイムにとらわれすぎず、楽にゆっくり走れるようにしたいと心がけています。
 
先日、ランニングソックスを新調しました。昨年から、とても気に入っているやつで、私は5本指仕様で甲部分にPADが
入っているのを愛用しています。シューズと同じメーカーのものです。
左右別の立体構造になっていて、土ふまずをサポートしたり、場合によってはサポーターのようなのもありますし、
また、滑り止めがついていたり、衝撃を吸収するようなものもあり、生地の暑いものや薄手のもの等々、色やデザインなども
含めると、まさに多種多様なのです。ランニングソックスだけ出しているメーカーもあるほどです・・・
意外に地味なのですが、よくよく考えると、シューズと靴下くらいがRunnerの道具のようなものなので、他に比べても
ランニングソックスの機能は重要ですし、バリエーションも多いのだと思います。
値段もピンキリですが、高いものは結構しますしね・・・・
気に入ったものを使いたいほうなので、穴があいたり破れたりすのが悩みの種です。
5本指仕様なので、左右はきまわす事が出来ないのと、ハードに走り込むためどうしても穴があいてしまうのですが、
ほつれた部分を縫ったりして、クタクタになるまで使用しています。
 
変なこだわりと思う方もいらっしゃると思いますが・・・
これがどうして、なかなの優れ物でやめられません。これを履いて走るのが楽しみな今日この頃です。
 
こだわりの靴下で、今月もひた走りたいと思います!!