HOME  > 経営ブログ > 取締役 高橋 俊一 > 『2018変化の年?』

経営ブログ

2018.01.15

『2018変化の年?』

取締役 高橋 俊一

謹賀新年!!
改めまして、本年も宜しくお願い申し上げます。
 
皆さん、今年の干支をご存知でしょうか?
十干・十二支では、「戊戌」(つちのえ いぬ)というのだそうです。
戊は、勢いよく葉が茂る様子を表し、繁栄を意味するそうです。戌は、枯れた木を表し、終焉や終わりを意味するのだそうです。
似たような漢字が並んでいますが、意味するところは正反対であり、かなり極端な年になる事を意味しているらしいです
良くも悪くも変わり目の年と言えるのかもしれませんね・・・
これらの意味合いを前向きにとらえて、次なるステージへの変化の年としていきたいですね。
 
お正月休みは、走って、呑んで、駅伝中継を観て触発されて、また走る・・・・のような生活をしていました。
天候もわりと穏やかだったので、恒例の新年外Runも気持ち良くできました。まさに良い2018年のスタートが切れたように思います。
 
箱根駅伝は、往路優勝こそのがしたものの、青山学院大学のV4でしたね。
復路の6区で逆転して、7,8区で差を拡げて9,10区で逃げ切るレース展開は、青学の選手層の厚さを物語っていました。
ところで、箱根駅伝に、もう一つの戦いがあったのをご存知ですか?
シューズメーカーの戦いです。中でも最も注目を集めたのが、NikeのVaporFly4%というシューズです。
ちなみに往路優勝した東洋大学の選手の多くが着用していました。昨年のボストンマラソンで鮮烈なデビューを果たした大迫選手が
履いていて話題になったシューズです。
Nikeは、Breaking2(フルマラソンで2時間を切る)というのを目標にして、このシューズを開発したようです。
これまでは、トップRunnerになるほど軽くて、薄底のシューズというのが普通だったのですが、こちらは、厚底かつ軽量で特殊素材の
プレートを組込む事で推進力を助けるのだとか・・・・4%パフォーマンスを上げるらしい・・・・まさに常識を覆すシューズのようです。
まだ市販は、されていないようですが、チャンスがあれば一度、試してみたいものです。
 
スポーツの世界も、それこそ2020年の東京オリンヒックに向けて、メーカー各社の製品開発競争がもっともっと加速していくのでしょうね。
我々のITの世界も、AIや量子コンピューターなどを背景に未来に向かって大きく変わっていく事に間違いなくなります。
 
変化を恐れず、前向きにいきましょう!!今日よりよい明日がきっとあるはず・・・
2018年を良い一年にしていきましょう!!