HOME  > 経営ブログ > 代表取締役社長 長澤 康夫 > お世話になりました。

経営ブログ

2017.12.25

お世話になりました。

代表取締役社長 長澤 康夫

当社の役員ブログをお読みいただいてる皆様にこの年の瀬にあたり、あらためて深くお礼を申し上げますとともに
新年に向けましてまた新たな希望を持って明るく頑張っていきましょう、と心よりエールを送らせていただきます。

 平成29年、我々団塊は70歳という大台に遂に到達し始めました。私も3月に遂になりましたが今ではそのショック
からいつの間にか立ち直り、もうすぐ還暦なんて言う方を周りでみると思わず「えー若いね!!」なんて口に出るように
なりました。皆で渡れば怖くない、ということでこの世にはジジババがこれからますます溢れていくことでしょう。

 そこで最近のテレビで認知症の予防には水分を毎日1500ミリとることがとても効果があるということが発表されていました。
へーと感心した私に、すかさず家内が「あなた、アルコールは水ではありませんからね、どちらかというと体から水分を奪うもの
ですからね」とコメント、飲もうとしたワイングラスに手が届かなくなりました。

 確かに老いることの象徴は頻尿ですから誰でも何となく水分は抑え気味になります。みずみずしかった体も、乾いたしわくちゃの世界にいかざるを得ないというのが老いるということになります。しかしこれは認知への道でもあるということを忘れてはいけません。
そこで早速昨夜から寝る前に夜中に何度起きてもいいから水をたくさん飲むことにしました。わずか初日だけの実験結果では
ありますが結構熟睡できました。また今日は頭の回転もいいような気もします。このAIの時代になんと少ないデータなんでしょう・・・という批判は甘受するとしましてもやはり「信ずる事は救われる」、ということなんでしょう。


 結局のところ今年最後のブログで申し上げたかったのは、団塊のみなさん、これからは最もコストの安い水さえ飲んでれば元気で記憶が衰えない毎日が待ってますよということです。そこで難問です。水割りは如何に・・・私の家内は聞く耳は全く持ち合わせていないでしょうが、わたくしには何となく水を使うわけですから良さそうな感じが・・・この往生際の悪い人生に・・・乾杯・・・エー水で・・・やっぱりあれでしょう。

 皆様良きお年を!!!