HOME  > 経営ブログ > 執行役員 林 立晴 > 車検

経営ブログ

2017.11.13

車検

執行役員 林 立晴

 我が家の車が11月に車検更新の時期を迎えました。購入して13年経過しているので、お金があれば新車を購入したいところですが、まだ37,000Kmしか走っていません。年間平均3,000Kmも走っていない勘定になります。

お金もないので新車を購入することはできず、これを最後の車検にしようと考え、ホンダのディーラーにお願いして車検を受けることにしました。

なにぶんにも13年も乗っているので、検査を通すために必要な交換部品が多くなることは予想していました。預けて2日目に交換すべき部品について連絡がありました。

エンジン・オイル、エアコン・フィルター、エンジン・ベルト、ブレーキ・オイル、ブレーキ・パッキン等を交換した方が良いようです。僕は車の中味については素人ですので、「ハイ、ハイ、全部交換してください」と言うしかありません。

そしたら翌日にさらに、ミッションに亀裂が入っているのが分かりました。これも交換しましょう、となりました。断れるわけないですね、了承しました。

 

 そして見積書が送られてきて、さらにビックリしました。自動車税が15%、重量税が40%も割高になっていました。聞いてみると、自動車は登録から13年が経過すると自動的に税金が高くなるようです。

自分としては、長い間丁寧に扱って、そこそこ整備に出してきたのに、ただ年月が経過したから税金が上がるというのが不思議ですし、納得がいきません。ましてや重量税がアップだって!車の重量は購入時から変わっていません。でもディーラーのエンジニアに文句を言っても仕方ないです。あきらめて了承しました。

 

 先日の日曜日に車検が済み、車を引き取りに行きました。ディーラーのお薦めで次の半年点検、1年点検もついたパックを契約させられました。車検を受けるというのは、安心を買うことにもつながるので制度としては良いと思うのですが、重量税のアップだけは許せません。とエンジニアに呟いたら、18年経つと更に10%アップしますよ、と教えられました。

何だ、日本の税金の仕組みはどうなっているんだ、と悔しい思いをした1日でした。