HOME  > 経営ブログ > 取締役 高橋 俊一 > 『限界を超える!?』

経営ブログ

2017.07.31

『限界を超える!?』

取締役 高橋 俊一

大通公園のビアガーデンも始まり、札幌も夏らしい暑い日が続いています。
早いもので、明日から8月です。暑さに負けず、短い夏を存分にEnjoyしましょう!!
 
いよいよ北海道マラソン2017のレース本番まで一月をきりました。
先週末は、Run仲間と二人で、定山渓往復の50Km走を敢行しました。
二人ともマラソンの経験はあるものの42Km以上の距離は、未経験だったので何がどうなるのか
ドキドキしながら走ってました。
 
スタートは、Run仲間のご自宅(平岸)です。そこから幌平橋方面に向かい豊平川の河川敷に出ます。
この河川敷は、正にRunnerの聖地ともいえる場所で、老若男女Runnerだらけです。
私は、初めてのコースだったのですが、景色も良く道幅もあって、とても走りやすいと感じました。
今度、ゆっくり走ってみたいコースです。ここを5Km程走り、真駒内公園の手前から一般道に出て、
石山通をひた走り、定山渓を目指します。二人で他愛もない会話を楽しみながら・・・
途中のコンビニに寄ってドリンクを補充しつつ・・・ペースもいつもより遅めなので、快調に藤野の街を通過します。
ところが、この辺から徐々に登りが出てきます。何とか、頑張って大きな坂道を二つか三つクリアすると小金湯温泉です。
この辺で、約20Kmです。そこから先も、ゆるやかな登りですが、もうすぐ定山渓なので、気持ちは高まっています。
25Kmを2時間30分くらいかけて、定山渓に到着しました。脚湯の近くでおにぎりを頬張り腹ごしらえです。
このおにぎりの美味しい事といったらもう・・・格別です。食べないと後半エネルギー切れをおこすのでしっかりと補給しないといけません。
 
休憩もそこそこに、水場で頭から水をかぶり、気分も新たに後半戦をスタートさせます。
前半、かなりの登りだったので、後半は、下り坂が多く多少楽できるはずと信じて、走りだします。
私の場合、昼食直後は、お腹が重くなり、あまり調子よくないので自重して抑え気味に入りました。
走りだしてみると、下りの多さに驚かされます。逆に言えば、行きはこんなにも登っていたのだと改めて痛感した次第です。
定山渓からは、小金湯温泉の先までコンビニがありません。下りに助けられながらドンドン進みますが、
そろそろ14時近くなり、暑さがピークの時間帯です。なんとかコンビニにたどりついて、「ガリガリ君」にしゃぶりつきます。
何とも言えない美味しさというか、身体の中から涼しくなるような感覚です。これで元気を回復して、札幌を目指して、また走りだします。
本当に不思議なもので、たった一つのアイスで、これほど元気になるとは・・・・
気がつけば、Runの方の調子も上がってきた感じです。アッというまに42Kmを通過しました。
 
これからは、未知の領域です。
信号待ちで止まったタイミングで、多少、脚の重さや疲れを感じるようになってきましたが、近道を選択せず、
二人であえて距離の遠いルートを走りました。この辺までくると、二人で「本当に良く走るよねぇ~」、「頭おかしいんじゃない」などと
言いながら、走っていました。でも意外と走れますし、不思議と気持ちも落ちていません。
これが一人でのトレーニングとの違いなのかもしれません。最後は、握手でゴールを迎えました。
本当にありがとうございました!! まさにナイスRunです!!
 
限界を超えれたのかどうかは、良く解りません。
限界というのは、人が勝手に決めるものなのかもしれません。
むしろ、もっと大きな可能性?のようなものを感じました・・・・なんてねぇ~
 
何はともあれ、本当に良いロング走ができたと思います。本番のレースに向けての自信にもなりました。
今年は、ここまでは、例年以上に順調にきています。本当に本番が楽しみです。
レースの模様は、例年通りこのBlogでご報告いたしますので、乞うご期待!!