HOME  > 経営ブログ > 代表取締役社長 長澤 康夫 > 学則不固

経営ブログ

2017.04.10

学則不固

代表取締役社長 長澤 康夫

  先週の ゴルフのマスターズ中継のために,日頃の朝のルーチンを狂わされた方々はさぞかし多かったのではないかと想像いたします。私も丁度朝の出勤タイムになっているのに,マスターズの歴史的な場面が続いていましたので、日常をとるか歴史的な事件をとるか、迷いながらもあえなく日常と変わらず会社に向かっている自分をちょいと情けなく感じた4日間でした。

 毎年このマスターズがトリガーとなって私のゴルフシーズンが開幕します。冬の間にゴルフ雑誌で読んだ新しい打ち方なんぞを心に刻み、今年こそは見事にその新技術を開花させては生まれ変わったゴルファー長澤を夢見る、そんな瞬間がまたやってきました。しかし人間というのはどうしてこうも同じ過ちを繰り返すのかとは思いながらも、またまた今年も懲りずにコースに出ていく自分が本当に笑えます。

 しかしながら孔子の教えの「学則不固」という言葉があります。学すなわち固ならず、ということで、いつも学び続けることが自分の頑固さを打ち破ってくれて柔軟な人間となって若さを保てる、という意味だそうです。年齢とともに誰でも大なり小なり保守的で頑固で視野が狭くなっていくわけですが、それを防ぐことが出来るのは、素直になんでも学びたいという心持だと教えています。

 仕事でもゴルフでも学び続けることが究極の老化防止策と教えているわけですが、孔子の時代にはゴルフなんかは,なかったわけですから、今孔子が生きていれば、ゴルフなんぞは諦めが肝心、と教えたかもしれませんがね。最近周りの先輩の皆さんのお話をお聞きすると、100歳に近い自分の親の介護、いわゆる老老介護のど真ん中にいらっしゃる方々がとても多くなりました。いよいよ寿命100歳時代が目前です。私もこれから30年もの間人様に迷惑をかけずにどうして生きていけばよいのでしょうか、なんて考えさせられます。そんなときに思い出しましょう、

 ・・・・学則不固・・・・学すなわち固ならず・・・頑固にならずに素直な気持ちで常に学びましょう・・・