HOME  > 経営ブログ > 取締役 高橋 俊一 > 『WHISKYとWHISKEY』

経営ブログ

2017.02.06

『WHISKYとWHISKEY』

取締役 高橋 俊一

まだまだ寒い日が続きますが、大寒を過ぎ、ずいぶんと日が長くなってきたのを感じますね。
今週から、『さっぽろ雪まつり』がスタートしました。何と第68回との事です。
街には、インバウンドの方が溢れ賑やかになってきました。
それとは反対に、札幌に住んでいながら久しく雪まつりを真剣に観ていない自分がいたりします。
今週は、すすきのに向かう途中で会場を歩いてみようと思っています・・・
 
先日、すすきののとある老舗のBARにお邪魔したのですが、そこにも海外の方がちらほらいらしてました。
最近は、InstagramなどSNSを見て一人でお店を訪れる方も多いようです。
もはやガイドブック片手に・・・・という姿は時代遅れのようですね。
 
そのお店でウイスキーの銘柄を当てるクイズをやっていました。
何の気なしに参加したのですが、簡単かと思いきや・・・
さすがに老舗のBARなので50種類くらいの中から一つの銘柄を当てるというもので何年物という年代のバリエーションもあり、
なかなかの難易度です。
モルトウイスキーの中でも、ハイランドモルト、ローランドモルト、アイラモルト、スペイサイドモルト等々産地や蒸留所によっていくつかに分類されます。
ブレンディドウイスキーのように何種類かを合わせてたものもありますし、バーボンに代表されるような麦芽以外の原料から蒸留したものもあります。
全種類飲み比べる訳にもいかず、最後は酔いに任せて、バーテンダーの方々の反応を見たり、ヒントを誘導したりする作戦に切替えましたが、
メンタリストDaigoにもなれず・・・残念ながら、あえなく撃沈してしまいました。
 
せっかくなので雑学を一つ・・・・「WHISKY」と「WHISKEY」の違いをご存じですか?
これは、綴りの間違いではないそうで、「E」のあるなしを区別しているようです。
簡単に言うと、スコツチウイスキーは「WHISKY」、それ以外は「WHISKEY」が基本なんですって・・・・
BARを訪れる機会に、ボトルのラベルの表記を確認してみてください。
 
しかしウイスキーの世界もなかなどうして深いなぁ~!!