HOME  > 経営ブログ > 執行役員 林 立晴 > 不徳のいたすところ

経営ブログ

2016.06.20

不徳のいたすところ

執行役員 林 立晴

 東京都知事の舛添さんが辞任することになりました。週刊誌や新聞報道によれば高額な海外出張、毎週の別荘通い、政治資金を流用した家族旅行、美術館・博物館の視察などが一般市民の反発を買い、それを舛添さんは第三者による精査ということで自費で弁護士を雇い、「不適切ではあるが違法ではない」と言わせたのですが、逆に火に油を注ぐ結果になったようです。

 私自身もセコイ人だなあ、と感じていたので辞任も致し方ないとは思いますが、本当はもっと悪いことを行っても起訴されない政治家もいるので、少し不公平な気がしています。

 

 ところで、政治家が辞任をする際に良く「私の不徳のいたすところ」という言葉を耳にします。これは本当は法律上の悪事をしていませんが、自分の品性・人格が十分でなかった為に、やむを得ず今回の判断に至りました。という言い訳に使われているみたいです。

 

 政治家になった人たちは、社会に貢献したい、より良い社会を作りたいという初心を持った方々だと思いますが、議員になったとたんに利害調整や陳情対応などで、社会の矛盾や不条理な制度を知ることになります。そして「先生」と崇められることになり、志よりも力を持つこと、お金や権力志向になっていくのかなあ、と思います。

 

 「不徳のいたすところ」は儒教からきている慣用句でしょうが、言い訳で使うのではなく深く自分自身を見つめた結果として、内省してほしいと思います。

「李下に冠を正さず」という言葉もありますので、今回の参議院選挙では、そのような候補者に1票を投じたいと思います。